FC2ブログ

佐伯 泰英 柳に風 新・酔いどれ小籐次(五)


新・酔いどれ小籐次シリーズの第五弾です。

新兵衛長屋界隈で、赤目小籐次を尋ねまわる怪しい輩がいるという。小籐次ネタを他所の読売屋にかすめ取られていた空蔵は、これは大ネタに化けるかもしれないと探索を引き受けた。そして小籐次と因縁のある秩父の雷右衛門が絡んでいると調べ上げたが、そこで空蔵は行方を絶った。空蔵の身に一体なにが?好調のシリーズ第5弾! (「BOOK」データベースより)

今回の酔いどれ小藤次は、新シリーズになる前の雰囲気に戻っています。違うのは、小藤次の活躍に加えて、息子駿太郎の活躍まで楽しめるというところでしょうか。

やっと望外川荘近くの寺の本堂という稽古場を見つけた小藤次と駿太郎でしたが、そこに寺の住職のもとにヤクザが押し掛けてきます。住職の思惑通り、そのヤクザを追い払う小藤次と駿太郎、そして二人の弟子たちでした。

一方、江戸の町の四か所で同時多発的に押し込み強盗が発生し、大金を強奪するという事件が発生します。何故か小藤次を恨み、敵と狙う押し込みたちでしたが、ネタに困っていた読売屋の空蔵はこの押し込みらの情報を仕入れようとして捕まってしまいます。

古巣の豊後森藩からの帰藩要請もあり、身辺が穏やかではない小藤次でしたが、自らへの火の粉を払う意味もあり、空蔵の救出へと向かうのでした。

相変わらず忙しくしている小藤次ですが、今ひとつ物語の芯が見えてきません。勿論、今のままの小藤次も痛快小説としてそれなりに面白いのですが、シリーズを通した大きな謎なり、敵なりが新しくなったシリーズですが未だに見えてきません。

もしかしたら、このままシリーズを通した大きなテーマというのはないのかもしれません。ただ、森藩と小藤次との関係がこのままとも思えず、この点が何らかの展開につながるのか、などと思っています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR