FC2ブログ

伊東 潤 池田屋乱刃


目次 「二心なし」福岡祐次郎 「士は死なり」土佐の北添佶摩 「及ばざる人」肥後の宮部鼎蔵 「凜として」長州の吉田稔麿 「英雄児」長州の桂小五郎

明治維新を語るとき、避けては通れない出来ごとの一つに「池田屋事件」があります。

この事件は、京都の町に火を放ち、その混乱に乗じて孝明天皇を長州へと動座させ、『八月十八日の政変』で失脚した長州藩を中心にした新政府を樹立し、対外的独立を維持しようとする長州藩、土佐藩、肥後藩らの尊王派が、捕縛された古高俊太郎の奪還について話し合うために集まっていたところに、新選組が切りこんだ事件です。

本書はこの「池田屋事件」を、池田屋に集まった浪士個々人の目線で描きなおした意欲作で、かなり読み応えのある作品でした。

全部で五話からなる短編集ですが、第一話「二心なし」の福岡祐次郎と、「英雄児」長州藩京都藩邸留守居役の乃美織江はその名も知らない人物です。

第一話では、食い詰めていた福岡祐次郎が新選組に入隊したものの、間者として浪士の仲間に送り込まれ、宮部鼎蔵らの知己を得て、浪士らの情報を土方へと知らせることになります。しかし、浪士らと交流するうちに自らの内部で何かが変わっていくことに気づくのでした。

あまり世に知られていない浪士の姿を、作者の想像力で、哀切きわまりない物語として仕上げられている一編です。

そのほかの土佐の北添佶摩、肥後の宮部鼎蔵、長州の吉田稔麿はよく知られた志士であり、第五話の乃美織江はまたあまり知られていない長州藩の人物ですが、話の内容は桂小五郎の物語です。

いずれも、これまでの多くの小説とは異なり、池田屋事件を志士の側から描いた作品です。これまでも個別を描く中でその一場面として池田屋事件が描かれることは多くありました。しかし、焦点を池田屋事件に合わせての志士目線での小説は無かったと思います。

そういう意味では観点がユニークです。なかでも第三話の宮部鼎蔵はわが郷土の偉人でありながらその実態は全くと言っていいほどに知らない人物なので、非常に関心深く読みました。

吉田松陰との交流、彼との奥州への旅などの簡単な事実は知っていたものの、清河八郎の誘いで一旦は国元で隠棲していたところを、再度告示に身を投じるようになったことなどは新たに知った事実です。

土佐の北添佶摩は坂本竜馬の物語を読むと必ずと言っていいほどに登場する人物であるし、長州の吉田稔麿にしても松陰門下生として当時を描いた小説には必ずと言っていいほどに登場します。

最終話の桂小五郎は、木戸孝允と称した後の時代も含めて司馬遼太郎の『翔ぶが如く』を始めとする幕末ものには必ず登場する人物ですが、本書においては意外な人物として描かれています。また、木戸孝允と改名した理由についても触れられているところは面白く読みました。

ただ、江戸の三大道場の一つである練兵館の塾頭を務めるほどの剣の腕もあるなど、剣豪としての一面もある桂の描き方としては、本書での描き方には若干の疑問もありますが、これは好みの問題でしょう。

ともあれ、行きつくところは同じ場所池田屋であり、同じ場面をその話の主人公の視点で再度描くなどの構成は作家の想像力の面目躍如たる作品であって、なかなかに面白く読んだ作品でした。

ちなみに、本書も「新選組の本を読む ~誠の栞~」で紹介されていたので読んでみたのですが、「第二級活字中毒者の遊読記」でもかなり前に紹介されている作品でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご紹介おそれいります

今回も当方ブログをご紹介くださって、どうもありがとうございます。

本作は、歴史研究の比較的新しい成果を反映した小説ですね。
もし「史実としての池田屋事件を知りたい」という方がおいでなら、中村武生『池田屋事件の研究』をお勧めします。本作の巻末に参考文献として挙がっている研究本のひとつです。たまたま本作より先に読んだのですが、旧来のイメージの多くが覆りました。
そして本作を読んでいる時、『池田屋事件の研究』の影響を受けているな~と感じる箇所が多かったです。

いつもたくさんの本を紹介なさっておいでで、敬服します。
今後ともご活躍のほどお祈りいたします。

Re: ご紹介おそれいります

とんでもありません。
私は単なる雑読者であり、東屋梢風さんのように一つの事柄を深く掘り下げ、ある種学術的な側面すらうかがえるような読み方は、とてもできるものではありません。
新選組関連で分からないことがあれば、いつも貴サイトにお世話になっているのです。

史実としての池田屋事件、は心誘われる対象ではありますね。
機会があれば、中村武生『池田屋事件の研究』を読んでみたいと思います。

ただ、正直なところを言えば、私は近年フィクションしか読めなくなったのではないかと危惧しています。ノンフィクションには今ひとつ手が出ないのです。

それでも、郷土の宮部鼎蔵には関心もあり、是非挑戦してみたいと思います。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR