FC2ブログ

誉田 哲也 ケモノの城


誉田哲也の小説にはありがちな、とてもグロテスクな描写を含む、でありながらも面白さを持って迫ってくるミステリーでした。

ある街で起きた監禁事件。保護された少女の証言に翻弄される警察。そんな中、少女が監禁されていたマンションの浴室から何人もの血痕が見つかった―。あまりにも深い闇に、果たして出口はあるのか?小説でしか描けない“現実”がここにある―。圧倒的な描写力で迫る衝撃のミステリー。 (「BOOK」データベースより)

一人の少女が保護されたことをきっかけとして、彼女の言葉の通りにマンションを調べると数人分の血痕が見つかり、あまりにも凄惨な現状が浮かび上がってきます。

しかし、その少女も、またその部屋にいたもう一人の女も、なかなかこの状況について語ろうとはしません。それでも、根気よく続けた尋問の先に少しづつその実態が明らかになっていくのでした。

他にもグロテスクな描写の小説は読んだことはあるのですが、本書の場合ほどに読んでいてここまでグロテスクに描く必要があるのかと、何度も問いかけざるを得ない作品は無かったように思います。

本書の場合、人間が他者に対して行う非人間的行為の最たるものを見せつけられているようで、不快な感情すら湧いてきたものです。実に猟奇的な情景描写に辟易しながら読み進める作品でした。

そうした不快感こそ作者の計算としか思えないのですが、その読み手にわいてくる感情について、読者のミスリードを誘う「叙述トリック」の手法と考えてもいいものなのか、また、ここまでの猟奇性が必要なのか、読んでいる途中はもちろん、読み終えてからまでも考えてしまいました。

それほどに衝撃的です。この作者のこれまでの作品、特に姫川玲子シリーズの『ブルーマーダー』や『硝子の太陽Rouge』などで見られる人間の解体の場面を軽く超えた描写が続きます。

この手の小説が苦手な人には決してお勧めできない作品です。

困るのは、そういう作品でありながら、ミステリーとして面白いことです。刑事の取り調べの場面。その合間に挿入される一人の青年とその同棲相手、それに同棲相手の父親との間のドラマが実に効果的です。

この青年のドラマが、刑事達の捜査の進行にどのように絡んでくるのかという読者の関心を上手いこと引っ張りながら、クライマックスヘとなだれ込んでいき、最後に意外な結末が待ちかまえているのです。

矛盾するようですが、辟易するほどに人間の負の側面を見せつけられる作品ではあるのですが、それでもなお誉田哲也作品の面白さを更に認識させてくれる小説でもありました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR