FC2ブログ

原田 マハ キネマの神様


映画に対する愛情で満ち溢れた、心に迫るファンタジックな長編小説です。

39歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることに。“映画の神様”が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語。(「BOOK」データベースより)

歩の父親はギャンブル依存症で、「男はつらいよ」の寅さんのように、はたで見ている分には愛嬌があって笑っていられるのですが、現実には到底一緒にいることはできない、そんな生活破たん者です。そんな父親が、こと映画に関しては実に人間的です。

歩の父親の唯一のまともな趣味が映画鑑賞でした。歩の勤める映画雑誌を出版している「映友」という会社のサイトに、歩の父親が書いた文章を載せたところ、ローズ・バッドというハンドルネームを持つ人物が反論らしき文章を書きこみます。それに対し父親がまた書き込み、そのやり取りが人気を呼び、「映友」のサイトが世界的に大ブレイクしてしまうのです。

ここに至るまでにも、映画に関する文章が随所に語られているのですが、その文章が映画好きにはたまりません。

この物語の序盤に、歩が一文を書く場面があります。そこで書いている映画が、あの「イタリアの離島の小さな映画館を舞台にした、映画技師と少年の友情物語」である「ニュー・シネマ・パラダイス」でした。

ここの一文だけでも映画が心から好きな人の文章だと分かります。名画を「夏の夜空に咲く花火を」「川の匂いと夜風を感じる川辺で見上げればひときわ美しいように、映画館で観れば、それはいっそう胸に沁みる。」と締めくくるその文章はさすがです。

本書で重要な位置を占める場所として「テアトル銀幕」という映画館、いや名画座があります。そして、本書は名画座の価値をこれでもかと知らしめてくれてもいます。

私も学生時代は東京のあちこちの名画座によく通ったことを思い出しました。確か四十年ほど前には飯田橋に名画座があったし新宿にも、それに高田馬場駅にも山手線の内と外にそれぞれ一軒、渋谷の東急会館のところもありました。

そのそれぞれに足繁く通ったものです。勿論ロードショウを見る金が無かったということもあるのですが。そう言えば、私が住んでいた西荻窪にもありました。

本書に出てくる映画の題名のうち、私が見たことがあるのはその半分くらいでしょうか。後にテレビで見たものもありますので、実際名画座で見たものがどれくらいかは分からないのですが。

本書の登場人物のそれぞれが皆映画にかかわって生きています。みな映画が本当に好きな人たちなのです。本書を読んでいると、また映画を観たくなります。映画を見てその映像美に驚き、物語に感動し、涙を流すのです。

小説も読者を小さな旅に連れて行ってくれますが、映画もまた同様です。小説は自分の想像力の範囲内での味わいですが、映画には映像と音、音楽がある分だけ限定されますが、逆に自分の想像力を越えたところにまで連れて行ってもくれるのです。

本書はファンタジーです。現実にはあり得ない物語です。しかしながら、心から映画を愛する人たちへの賛歌としていつまでも心に残ると思います。

実に良い本でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR