畑野 智美 南部芸能事務所


お笑い中心の弱小芸能プロダクションである「南部芸能事務所」を舞台に繰り広げられる、芸人たちの日々を描いた連作の短編小説集です。

大学2年生の新城は、親友に誘われて見た「南部芸能事務所」のお笑いライブに魅了され、その日のうちに芸人を志す。漫才の相方探しをするうちに、女芸人の津田ちゃんから、同じ大学に通う溝口を推薦されるが…。弱小お笑いプロダクションを巡る愛すべき人々を、誰にも書けない筆致で紡ぐシリーズ第1弾! (「BOOK」データベースより)

この作家の作品はこれまで三作を読んできました。当初は読んだ作品がタイムマシンをテーマにしている物語だということもあり、短めの文章をたたみ掛けてくる書き方をある種の効果を狙っているのかと思っていたのですが、どうも違うようで、この作者の個性のようです。

本書には全部の七つの物語がありますが、そのすべての話が異なる人物の一人称で語られています。

問題は、どの物語も似た雰囲気であったことです。短めの文章のタッチがどの物語もあまり変わらず、語り手が変わっていることを忘れてしまいそうになります。

本書は売れていない芸人の物語です。芸人として売れるということが何を意味するのか、テレビに常時出ることなのか、それとも少なくてもいいから本当に芸人の芸を見に来てくれるお客さんを掴むことなのかなど、悩むところのようです。

しかし、本書の登場人物たちのほとんどは、売れることの意味を考える以前の段階にも達していません。彼等は、グループを続けていいものなのか、芸人の道をあきらめ、普通の社会生活に戻った方がいいのではないかを悩んでいます。

そんな彼らを優しく見守ってくれているのが、南部芸能事務所の社長である南部というおかまさんです。南部社長はいつも抱えている芸人たちの様子を観察し、芸の行き詰まりなどをチェックしてくれています。そして保子師匠もこの事務所の重鎮として見守ってくれているのです。

お笑いコンビピースの又吉直樹が書いて芥川賞を受賞した『火花』も同様の話でした。しかし、本書は、芸人自身が書いた芸人の内面を真摯に見つめる『火花』とはかなり異なります。本書の場合、人物の心象描写にしても、一人称で語られているにもかかわらずどこか客観的なのです。

タッチが同じだとか、人物の描写が深みに欠けるとか、残念な部分は少なからずあります。とはいえ、この作者の他の作品と同様に本書も実に読みやすく、さらりと読み終えることができました。言いたいこともそれなりに描かれているとは思います。今は終了しているこの全部で五巻になるシリーズを最後まで読むことでしょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR