梶尾 真治 怨讐星域Ⅲ 約束の地


怨讐星域シリーズの第三弾です。

ノアズ・アークは172光年の旅を終え、約束の地・エデンの遷移軌道上に辿り着いた。一方でエデンの住民は、首長アンデルスの号令の下で皆兵化と軍拡を進めていた―全てはノアズ・アーク乗員の皆殺しのために。地球消滅から長い年月を経て、再会を果たす人類の末裔たち…。やがて空前の大災厄がそれぞれに襲いかかるとき、最後に残されるのは積年の怨讐か、それとも―。人間と人間の相剋と未来を問うSFクロニクル完結。(「BOOK」データベースより)

星間宇宙船ノアズ・アークはいよいよ目的地に到着し、エデンの軌道上で地上の様子を調査するまでになり、あとは移住計画に従って、第一次移住開拓員の選択を始めるまでに至っていました。ところが、目的地エデンには先住民族の存在がうかがわれ、なんと英語類似の言語さえ聞こえてきたのす。

一方、エデンではアンデルス・ワルゲンツィンを中心として、ノアズ・アークの乗員たちは悪魔の子孫であり、皆殺しにすべきだという主張一色になっていました。その結果、幼い子供まで竹やりを手に、憎むべきアジソン一派の子孫たちを刺し殺すべく訓練を重ねる日々になっていました。そしていよいよ両者の邂逅の日になったのです。

やっと全三巻の文庫本の、通してみると1000頁を軽く超える物語を読み終えました。

端的に言えば、梶尾真治の特色である、アイディアに満ちた、心地よい驚きに満ちた物語とは少々異なった、私の好みからは外れた作品でした。

基本的なアイデアはいいのですが、世代間宇宙船という設定なので、登場人物の入れ替わりが前提となります。そのためもあって、積み重ねられた短編のそれぞれの話のつながりがわずかしか無く、各々の物語の存在意義が見失われたような印象でした。

極端に言えば、途中の物語は無くても、出発時と到着時の話だけでこの物語は成立してしまうのです。もうすこし、途中の物語が全体を通した流れの中で連続性を持つなどの、何らかの存在価値があればと思いました。

ただ、そうした感想は、私の本書の読み方が、一日少しずつひと月以上をかけて読み終えたという点にもあるのかもしれません。以前読んだ内容をはっきりと覚えていないままに読み進めることになったからです。

クライマックスも、作者自身が異論もあるでしょうと書いておられるように、ここまで引っ張ってきたわりにはあっさりしたものでした。もう少し、両陣営の邂逅の様子を書きこんで欲しいとは思いました。それこそが本書の一番の醍醐味だったのではないでしょうか。

もしかしたら、作者は戦前の日本のような、若しくは今のアジアのとある国のような、一般国民が一握りの為政者により洗脳されていく社会を描きたかったのかもしれませんが、そうだとしてもその点も明確ではありませんでしたし、だとすれば、本書の設定はあまりに安易に感じます。

結局、さまざまの点において中途半端に終わってしまい、せっかくの大河小説がもったいない、という印象が最大のものでした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR