FC2ブログ

三上 延 ビブリア古書堂の事件手帖 7 ~栞子さんと果てない舞台~


「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの第七作目です。

プロローグ
第一話 「歓び以外の思いは」
第二話 「わたしはわたしではない」
第三話 「覚悟がすべて」
エピローグ

今回はシェークスピアの作品がテーマとなっています。

各タイトルは、第一章は「ヴェニスの商人」。第二章は『十二夜』や『オセロ』。第三章は、『ハムレット』の名台詞だそうです。

第一章では、老獪な道具商である吉原喜一という男が登場し、栞子さんの弱みに付け込んで、太宰治の『晩年』を八百万円という法外な値段で売りつけます。

この章では、吉原が置いていったシェイクスピアの『人肉質入裁判』、つまりは『ヴェニスの商人』の古書の話が絡み、更に吉原が明かした栞子さんら姉妹の祖父、祖母についての新たな事実などの話が錯綜しています。

その後、第二章では、シェークスピアの戯曲を集めた最初の作品集であるファースト・フォリオの話が展開され、その複製本であるファクシミリの話へと広がります。

そして第三章に至り、赤、白、青の三冊のファクシミリが競りにかけられ、栞子さんと智恵子、それに仕掛け人である吉原との対決の場面が繰り広げられるのです。

次第にシリーズへの関心が薄くなってきたこのシリーズですが、それは、このシリーズをきちんと読みこむためには、提示されている古書に関しての知識を丁寧に消化していかなければ、このシリーズの物語が理解できず、つまりは面白さも分からないことによるものでした。

結局、読み手である私の問題だったようです。

また、古書に関する知識の深さもさることながら、本シリーズの場合、登場人物の多さと、その人物間のつながりもまた複雑だったのです。

本書の冒頭、タイトル頁の次の見開きには「主な登場人物」と「相関図」とが載せられています。この相関図を見てさえ、登場人物相互の関連はすぐには理解できませんでした。加えて、この相関図に出てくる人物以外の登場人物もこの相関図に絡んでくるので話はさらに複雑になってきます。

本当は、第七巻まで読んでやっと大まかな登場人物相互の関係がつかめてきたところですので、これから再度一巻から読みなおせば、一段とこのシリーズの面白さが増していることと思います。

本書の場合は、これまでのシリーズとは異なり、ファクシミリの競りという明確なイベントがありました。この競りにむけて本書での話が展開してきたのであり、また、この競りの様子がかなり読み応えのある、サスペンスに満ちた展開となっています。

予想外と言っては失礼ですが、本書に至り、シリーズの面白さを再認識しました。

母親千恵子という人物についてもう少し書いて欲しかった、などという印象はありますが、そこらは、著者自身のあとがきで「登場人物たちの前日譚や後日譚」を考えているということですので、そちらで書いてくれることを期待したいと思います。

「本(古書)」が好きな人のための物語として、ユニークな地位を占めるシリーズだと思います。トータルとして面白い作品でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR