FC2ブログ

上田 早夕里 華竜の宮


壮大なスケールを持ったSF長編小説で、日本SF大賞を受賞している作品です。「*ひだまりさん日記* ~晴れ 時々 読書とパン~」で紹介してありました。

ホットプルームの活性化による海底隆起で、多くの陸地が水没した25世紀。未曾有の危機と混乱を乗り越えた人類は、再び繁栄を謳歌していた。陸上民は残された土地と海上都市で高度な情報社会を維持し、海上民は海洋域で「魚舟」と呼ばれる生物船を駆り生活する。陸の国家連合と海上社会との確執が次第に深まる中、日本政府の外交官・青澄誠司は、アジア海域での政府と海上民との対立を解消すべく、海上民の女性長・ツキソメと会談する。両者はお互いの立場を理解し合うが、政府官僚同士の諍いや各国家連合の思惑が、障壁となってふたりの前に立ち塞がる。同じ頃、「国際環境研究連合」はこの星が再度人類に与える過酷な試練の予兆を掴み、極秘計画を発案した―。最新の地球惑星科学をベースに、地球と人類の運命を真正面から描く、黙示録的海洋SF巨篇。(「BOOK」データベースより)

本書の舞台は、ホットブルームと呼ばれる地殻変動による海底の隆起で、海水面が260メートル近くも隆起した25世紀の世界です。当然、日本は列島としての機能を失って群島と化し、小さな島嶼が身を寄せ合い、人工浮島がその隙間を埋めている状態となっています。

この地殻変動は、白亜紀(クリティシャス)の頃に戻るという意味で「リ・クリティシャス」と呼ばれることになります。このリ・クリティシャス以降の地球は、陸地を失った代わりに新たな生活空間として海を得、その海で暮らすのに適した身体を持った民族が生み出されました。彼等は海上民と呼ばれ、彼らの生活空間として魚舟がつくられました。

海上民に対して、陸地に暮らす人々は陸上民と呼ばれ、新しい環境にも適応しつつ、それなりの繁栄の時代を迎えていたのです。

そうした時代の外交官である、青澄・N・セイジと、彼のアシスタント頭脳であるマキが本書の主人公です。青澄は公海上にある海上都市の「外洋公館」に属し、汎アやオセアニアの外洋公館の外交官らと情報戦を繰り広げているのです。

久しぶりに、物語の世界観が丁寧に構築された作品に出会いました。地表の大半を海に覆われた世界で、既存の国家体制が崩壊し、新たな政治体制の枠組みが組み立てられている中で、海上民という新しい人類の仕組みが秀逸です。

この海上民は、必ず双子として生まれ、片割れは将来魚舟として成長します。地域によっては、生まれてすぐに海に放たれ自力での成長を当然とし、無事生き残った魚舟だけが生まれ故郷へ戻り、双子の相方の朋として彼の乗り物兼住まいとなるのです。

この他にも、双子の片割れを失った魚舟の行く末が獣舟になることや、獣舟が陸上民を襲う際に変身することなど、細かなところまで考えられています。

本書の設定の緻密さは、人類の変質のみならず、ホットプルームと呼ばれる地球の核に熱せられて上昇してくる高温のマントルの流れについての説明や、本書のクライマックスに訪れる更なる地殻変動の描写など、過不足のない、SF好きにはたまらない設定でした。

勿論、登場人物の描写にもその緻密さは現れており、重要な登場人物の一人である海上民の女性長のツキソメについての設定などはその最たるものでしょう。

本書の抱えるテーマの一つとして人類の改変というSFでは珍しくない設定があります。地球の再度の地殻変動に直面し、更なる人類の改変の必要に迫られたとき、学者の議論の中で名も知れない人物が「そこまでして生き延びる必要があるのだろうか」という台詞がありました。

「人間も生物の一種である以上、生きる道を、簡単に捨ててはいけないのではないかと・・・。」という言葉が、作者なりのその答えだと思われます。ここに至るまでに種々の議論はあるのですが、少々考えさせられる場面の一つでした。

そして、更なる魅力はアシスタント知性体という存在です。この存在により、補助を受ける人間は常時万能のコンピュータを持っていることになり、疑似的なテレパシーすらも使用できることになるのです。

なお、本書に関しては、本書の原点とも言える『魚舟・獣舟』という短編集が出ているそうです。魚舟などの由来、など、本書ではもの足りないところが補完されていると思われます。また、本書の姉妹作品として、『深紅の碑文』という作品があるそうです。まだ読んでいないので、本書の続編と言い切っていいのかは不明です。

蛇足ながら、私は本書をソフトカバー版で読んだのですが、文庫版(上下二巻 : ハヤカワ文庫JA)も出ています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
夜分遅くにすみません。

上田さんが描く世界観に圧倒されますよね。
私は『華竜の宮』の前に『魚舟・獣舟』も読んでいたのですが、世界観は素晴らしかったものの、短編では少し物足りなさを感じたので、長編で読めて大満足でした (*^^*)

そのうち『深紅の碑文』も読むつもりでいます。
どうやら世界観が一緒のアナザーストーリーみたいです。
アシスタント知性体の宇宙での続編も読みたいのですが、いつか書いてほしいなと願っています (*´`)

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます

> 上田さんが描く世界観に圧倒されますよね。

そうなのです。
こうした作品に接すると、作家という人種のイマジネーションの豊かさに圧倒されるばかりです。

> そのうち『深紅の碑文』も読むつもりでいます。

私は『魚舟・獣舟』も『深紅の碑文』も読んでいないので、他の作品も併せて読んでみたい作家さんの一人になりました。

かつてはSF三昧の私でしたが、いつの間にかSFからは遠ざかっていました。
ひだまりさん。のおかげで畑野智美といい本書の上田早夕里といい、日本のSFをまた読んでみようかという気になっています。
これからも面白そうな作品を教えてください。

有難うございました。

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR