冲方 丁 マルドゥック・スクランブル


なぜ、私なの?―賭博師シェルの奸計により、少女娼婦バロットの叫びは爆炎のなかに消えた。瀕死の彼女を救ったのは、委任事件担当官にしてネズミ型万能兵器のウフコックだった。高度な電子干渉能力を得て蘇生したバロットはシェルの犯罪を追うが、その眼前に敵方の担当官ボイルドが立ち塞がる。それは、かつてウフコックを濫用し、殺戮のかぎりを尽くした男だった…弾丸のごとき激情が炸裂するシリーズ全3巻発動。(「BOOK」データベースより)

天地明察』、『光圀伝』を書いた冲方丁の、第24回日本SF大賞を受賞した作品です。文庫本で全三巻、1000頁弱というボリュームがある大作です。私は2010年9月に出版された640頁の改訂新版と銘打たれた合本版を読んだのですが、同じ2010年10月に、完全版として文庫本三冊も出版されています。

少女娼婦ルーン=バロットの、ネズミ型万能兵器のウフコックとドクター・イースターとの力を借りて行う、反撃の物語です。

作者である冲方丁という人は、言葉に対する感覚が少々異なるように思えます。私が最初に読んだ『天地明察』ではそれほどには感じなかったのですが、次の『光圀伝』では、一読しただけでは理解できない文章が多かったように思います。

そして本書では、冗長と感じられかねないほどの文章と、難解な単語が使われています。冗長という点では、例えば、本書第一頁目から「死んだほうがいい」という「ほとんど声にもならない、吐息のようなささやきがこぼれた。」と始まり、このささやきについて十数行にわたり描写が続くのです。

特にドクターの台詞は学者の言葉ということもあって難解です。まあ大体の印象で意味を掴めればいい、その程度に思い読み進めました。

また、ルビが随所に振ってあります。電子攪拌、操作共にスナーク、空中はエアー、階級もクラスなどとあり、それはスタイリッシュな、そして電脳空間のイメージを持たせる意図でしょうか。

密度の濃い文体は、更に改行の少ない文章のために、他の小説の数割増しの文章量だと思われます。加えて頁数自体も多いのですから、本書を読むにはある程度の時間の確保が必要でしょう。

そんな緻密で、濃密な文章が続く作品ではあるものの、クライマックスに至るまで物語の世界に引き込まれてしまったのもまた事実です。

特に、シェルに雇われている委任事件担当捜査官であるディムズデイル・ボイルドとの戦いは、互いの心の交流と共に、アクション小説としても読みごたえがあります。

本書の世界観も分かりにくい世界です。この事件全体の根底にあるものが、マルドゥック市が定める人命保護を目的とした緊急法令の一つである「マルドゥック・スクランブル-09」であり、この法令に基づいてバロットは科学技術の粋を集めて蘇生されたのです。

そして、法務局という機関が多分強大な機関としてあり、バロットの事件の解決するための一切をドクターたちに委任することをこの法務局に認めてもらうことが前提となっています。それが委任事件担当捜査官であり、分かりにくいですが、相手方に雇われている前述のボイルドも同じ立場です。

委任事件担当捜査官とは、言わば法的には代理人であり、物理的にも用心棒のような立場でもあるようです。したがって、傍若無人な行動をとっているようでありながら、その実法令の範囲内で収まるように行動している、という建前がとられています。

人体の改変など当然の世界であり、そうした改変を施した誘拐一味も登場し、それなりのアクション場面もあるのですが、何といっても本書での注目すべき点はカジノを舞台とした場面でしょう。

それはアクションは一切ない、ルーレットやブラックジャックなどのゲームを、ウフコックというコンピューターの力を借りて、論理のみで追及していく頭脳ゲームであり、心理戦なのです。合本版で640頁という分量の本書のうちで三分の一以上がこのカジノの場面に費やされています。

この論理の追及の点は、この作者の『十二人の死にたい子どもたち』で見せている論理性にも通じるのではないでしょうか。

とにかく長かった。文庫本三冊以上の分量を読んだ気がします。でも、面白かった、としか言えない物語でした。

この物語は、このあと続編にして前日談である『マルドゥック・ヴェロシティ』、短編集の『マルドゥック・フラグメンツ』、その後のバロットを描く『マルドゥック・アノニマス 』と続くようです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR