誉田 哲也 硝子の太陽Noir


沖縄での活動家死亡事故を機に「反米軍基地」デモが全国で激化した二月、新宿署の東弘樹警部補は「左翼の親玉」を取り調べることに。その直後、異様な覆面集団による滅多刺し事件が起こる。被害者は歌舞伎町セブンにとってかけがえのない男。社会に蔓延る悪意の連鎖を断ち切るべく、東とセブンの共闘が始まる! (「BOOK」データベースより)

硝子の太陽Rouge』を読んでからもう三カ月以上が経ち、やっと私の順番が回ってきました。丁度読んでいた冲方丁の大部の著作を読み終えるとすぐに借りに行ってきました。そして、一日をかけずして読了。というよりも、読み始めたらもうやめることが出来なくなったのです。

それほどに面白い。残念なのは『硝子の太陽Rouge』の記憶が薄れていたことです。もしこれから読む人がいたら、是非二冊同時に読んでもらいたい。そうすれば、本書二冊の面白さは三倍以上になるでしょう。

祖師谷一家殺人事件が描かれていた『硝子の太陽Rouge』に対し、本書の場合はフリーライターの上岡慎介の殺害事件が中心です。勿論、「歌舞伎町セブン」の仲間が活躍し、特に東弘樹警部補の動向が描かれています。「歌舞伎町セブン」の一員である上岡慎介の弔い合戦的意味合いも持っているのです。

上岡慎介が殺されなければならなかった理由は沖縄の基地問題にまで遡り、表面的には、上岡慎介が沖縄の基地闘争の盛り上がりの原因ともなった一枚の写真の偽造に気付いたことにあります。実際は、日米安全保障条約に伴う日米地位協定の破棄を目指す、跳ね返り運動家の動きがその裏にあったのです。

実はそのもう一つ先に、「ジウシリーズ」の「新世界秩序」の暗躍があるのですが、それはまだ先の話です。

何故か上岡慎介殺害事件の捜査本部には呼ばれなかった東警部補ですが、「左翼の親玉」とも呼ばれる矢吹近江の取り調べを担当することになります。

その捜査本部には姫川シリーズでおなじみのガンテツこと勝俣健作も入っていたのですが、「欠伸のリュウ」こと陣内陽一の店「エポ」でのガンテツと東警部補の邂逅の様子は見ものです。ちなみに、『硝子の太陽Rouge』で勝俣がくすねた上岡のUSBメモリーもここの場面で使われるのです。

見ものという点では、「祖師谷一家殺人事件」を担当している姫川玲子が東警部補を訪ねてきての腹を探り合いながらの会談の様子もそうで、『硝子の太陽Rouge』との共通の場面も当然のことながら出てきます。

このそれぞれの話し合いの場面など、実にキャラクターの違いが明確に描かれていて、物語に引き込まれずにはおれません。『硝子の太陽Rouge』と本書とを合わせ読むと、物語の世界が一気に立体感を帯びてきます。まるで三次元の図形のように、本書の物語の世界の上下左右への奥行きが一段と広がるのです。

ただこの物語が満点というわけではなく、物語の中でも語られていることですが、本書の敵役となる上岡の殺害犯人らの行動の意図、動機があまりに安易にすぎないか、という疑問はあります。

しかし、そういう点を差し引いても物語の面白さは少しも損なわれはしない、それほどの迫力を持っている小説だと思います。

硝子の太陽Rouge』のときにも書いたのですが、これまでのシリーズを新たな観点を持って再読したい気になりました。今エンターテインメント小説としての面白さを一番持っている、私の好みにも合致している、そう思える小説です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR