FC2ブログ

鈴木 英治 目利きの難-口入屋用心棒(30)




佐賀大左衛門が新たに設立を目指す学問所の剣術指南方の師範代として誘いを受けていた湯瀬直之進と倉田佐之助の二人だった。しかし、約束の日に湯島にある待ち合わせの茶屋で待っても大左衛門之の姿が見えない。早速大左衛門の屋敷に向かうと、大左衛門は何者かに襲われ、両の目を切られていた。
丁度自分の縄張りに近いということで樺山富士太郎もやってきたため、直之進は大左衛門の警護につき、探索は富士太郎と倉田に任せることとなるのだった。



やっと新しい学問所の剣術指南方につくという新たな展開に入ろうかとしていたこの物語も、その矢先に、やはり犯人探しという捕物帳的な展開に入ってしまいました。

今回は、ある旗本の用人が、主人の猟官のために刀剣を贈呈する、という話から、刀剣の写し(模造)へと展開していきます。

本書の話自体は本書で完結するのですが、そこに直之進のかつての沼里時代の鎌幸(れんこう)という知人も絡んできて、新たな展開を見せ始め、鎌幸の絡んだ話は次巻以降へと続きます。

あるじのためにひたすらに尽くす用人、そしてその用人を何とか手助けしたいとする若衆。その用人は主人の猟官のためには人間の道を踏み外しかけているということを自覚しながら、主君に忠節を尽くすそのことの正当性を確信し、人としての道を見失ってしまいます。

侍という滅私奉公の意識のゆがんだあらわれと言っていいものなのか、この時代はそれが当り前ではなかったのかなどと思いながら読み進め地ました。

本書自体は取り立てて言うこともない話でしたが、例えば鎌幸の登場ような、これから先の物語展開に影響がありそうな、小さなエピソードがありました。

尋常の様子ではない樺山富士太郎の母親である田津が直之進を訪ねてくる場面で本書は終わります。次巻での展開への期待を持たせて本書は終わりるのです。

シリーズ当初に比べると、文章のタッチも含めて内容までもとても軽くなっているこのシリーズです。もう少し濃密さが欲しくなってきました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR