鈴木 英治 徒目付の指-口入屋用心棒(31)




前巻は、樺山富士太郎の母親の田津が直之進を訪ねてきた場面で終わっていましたが、本巻は田津が訪ねてきた理由を明らかにするところから幕を開けます。

直之進が死んだという話を告げられた富士太郎は現場へと急ぎ、田津は直之進の家に様子を見に来たのでした。しかし、当然のことながら直之進は元気であり、富士太郎は拉致されてしまったのです。

直之進は、富士太郎の中間の珠吉、そして倉田や琢之助の力を借り、富士太郎の行方の探索に乗り出すのでした。

まずは富士太郎の行方を捜すために、直之進が死体で見つかったとされた中ノ島から探索を始める直之進らですが、そこで富士太郎は権門駕籠に乗せられたこと、その籠の駕籠かきの一人が磐之助というヤクザものと一緒にいたところを見たという話を聞きこみます。

一縷の望みを持って話の伝手をたどっていく直之進らであり、その話を聞きつけた倉田までもが探索に加わり、個別の行動をとることになるのです。

一方、捕らえられた富士太郎の様子も描写され、自分をさらったのが徒目付の山平伊太夫という男であることを知ります。山平伊太夫は「北国米の汚職」の件を知りたがっており、富士太郎が、父親の一太郎からの預かり物を探していることをも知るのです。

こうして話は、富士太郎を探す直之進と珠吉、倉田の探索、そして捕らえられている富士太郎の状況という三本の流れで進んでいくことになります。

細かなところを言えば、富士太郎をさらった山平伊太夫が富士太郎事件の背景の詳しい説明をする意味も今一つ分かりにくいし、直之進らの探索の進行状況が妙に順調に進んだりと、突っ込みどころがないわけではありません。

しかし、本書のような痛快時代小説ではそこらを厳密に言うべきでもないと思われ、実際そこらを無視して読み進めると結構テンポよく読むことが出来ます。


ともあれ、本書は富士太郎を探す直之進らの探索の様子、富士太郎がさらわれた理由などが焦点となっていて、面白い、と言える作品になっていました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR