FC2ブログ

鈴木 英治 傀儡子の糸-口入屋用心棒(33)




あれから一年以上が経ち、直之進と佐之助は、これまでに話だけは出ていた佐賀大左衛門により創設された「秀士館」の剣術指南役に就いており、直之進には直太郎という跡取りも生まれています

鎌幸から“三人田”を預かっていた直之進が、旅から帰った鎌幸に“三人田”を返そうと三河島村に赴くと、鎌幸の家を見張る何者かの眼を感じ、実際、その帰り道に何者かに襲われます。

一方、蒸し暑さの中奉行所へ出仕した富士太郎は、同僚の酒巻十蔵という同心が切り殺された事を知ります。早速探索を始めた富士太郎は、すぐに十蔵殺しの下手人をつかまえますが、今度は同じく同僚の先輩同心である太田源五郎が殺されてしまうのでした。

今回もまだ鎌幸の、つまりは名刀“三人田”の絡んだ事件は終わりではありませんでした。本書では鎌幸自身がさらわれてしまい、その鎌幸を助け出そうとする直之進が預かる“三人田”が狙われるのです。そして、“三人田”そのものの持つ新たな秘密も明らかにされます。

また、富士太郎の周りでは同僚の先輩同心が次々と殺されていき、その後釜に何とも奇妙な人事が行われます。そして、ついには富士太郎の身にも危害が加えられようとするのです。

本書では、少々筋立てが乱暴に思えてしまいました。“三人田”をめぐっての物語が続くのはいいのですが、“三人田”の新たな秘密が出てきたり、その秘密を抱える今回の敵役の仕業が雑に過ぎたり、と、若干作者も物語をひねり出すのに苦労しているか、と思ってしまいました。

今後の展開の中で、“三人田”の新たな秘密を持ち出す必然性を示し、納得させてくれる物語の流れを期待したいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR