雫井 脩介 仮面同窓会




かつての悪ガキ四人組みのいたずらがもとで発生した殺人事件を描く、長編の推理小説です。

青春の思い出を語り合うだけのはずだった。同窓会で再会した洋輔ら四人は、旧交を温め合ううちに、かつての体罰教師への仕返しを思いつく。計画通り暴行し置き去りにするも、教師はなぜか別の場所で溺死体で発見された。犯人は俺達の中にいる!?互いへの不信感が募る中、仲間の一人が殺されて…。衝撃のラストに二度騙される長編ミステリー。(「BOOK」データベースより)


主人公の洋輔は、十年近く経って開催された同窓会で、かつての皆川希一、大見和康、片岡八真人という仲間と再会します。彼等は共に、樫村から理不尽な仕打ちを受けていました。それは体育教官室の前で強いられる正座や、前時代的な「天突き体操」であったりしたのです。

彼らの樫村に対する恨みは強く、久しぶりに会った同窓会でのことでもあり、いつしか樫村に対する仕返しを計画しているのでした。

計画通りに樫村を拉致し、顔を隠した四人の前で「天突き体操」をさせることに成功します。その後、ガムテープを巻いたままの樫村を放置したまま帰宅した四人でしたが、翌日もたらされたのは、仕返しの現場からは離れた静池で樫村が死んだというニュースでした。

樫村を仕返しの現場に放置したことを知っているものは他にはおらず、樫村殺しの犯人は四人の中にいるとしか考えられないと、疑心暗鬼にかられる四人です。

そのうちに、事態は思いもかけない方向へと向かうのでした。

本書の帯には、「『火の粉』『犯人に告ぐ』を凌ぐ、雫井脩介の新たな名作誕生」という惹句がありました。しかしながら、『火の粉』は未読で分かりませんが、とても『犯人に告ぐ』を凌ぐなどという作品ではありません。

これが同じ雫井脩介の作品とは思えないほどの作品でした。

そもそも、高校時代の教師に対する恨みを十年後に晴らすという設定自体に無理を感じますし、その点については目をつぶるとしても、途中でのミスリードを誘う仕掛け、それも複数の仕掛けも、あまり出来がいいとは感じませんでした。

私はこの仕掛けにはまったのですから、意外性が無かったといえば嘘になります。しかし、一般的に出来のいいミステリーでの仕掛けにはまることにより感じられる痛快感、爽快感全くと言っていいほどに感じられなかったのです。

『犯人に告ぐ』の面白さは改めで言うまでもないほどに高いものですが、本書は本当に同じ作者が書いた作品かと疑いたくなるほどです。惹句のためにハードルが挙がっていたのは否定できませんが、それにしても残念な作品としか言えませんでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR