FC2ブログ

鈴木 英治 痴れ者の果-口入屋用心棒(34)

前巻の終わりでは、刺客に襲われて危うい富士太郎を救った米田屋こと琢ノ助が、危篤状態に陥ってしまいました。

琢ノ助の危篤の知らせを受けていた直之進と佐之助が米田屋に赴くと、米田屋付近に、どうも鎌幸をさらった撫養知之丞の配下の者としか思えない不審な気配があります。撫養知之丞が米田屋を見張るとすれば、それは撫養知之丞こそが富士太郎を襲った犯人だからとしか考えられず、ここにおいて、いつものごとく直之進らの探索と富士太郎の探索とが交差するのでした。

阿波国を故郷とする撫養知之丞が江戸に出てきた理由は“三人田”にあるらしく、“三人田”には正と邪のふた振りの剣があり、ふた振りの剣がそろうと天変地異が起きるといいます。撫養知之丞はそれにより民心を惑わし乱世を導こうとしている、と考えられるのでした。

富士太郎は、太田源五郎殺しの下手人である源五郎の女であったおさんから、おさんの店に撫養知之丞が来たことを聞きこみます。

一方、佐之助は古い知人から撫養知之丞が故郷を出なければならなくなったしくじりを調べ、それが忍びとしての撫養家がつくっていた薬に関わることを聞きこみます。

こうして、奉行所の不審な人事やおさんの殺しなど、いろいろな人の不可思議な行動が撫養知之丞の手になる薬により操られていることを知るのでした。

本書で撫養知之丞の絡んだ事件は一応の解決をみるのですが、どうも物語として今ひとつのめり込めません。筋の運び方がどんどん雑になってきている印象です。

人の気配を感知したりするのはまだいいとしても、その気配が悪役の手下のものであることまで分かるというのは少々行きすぎのような気がします。

また、ふた振りの“三人田”があり、このふた振りの剣がそろうと天変地異が起きるという言い伝えをを信じ天下を覆そうと企む、などという展開はいかにも安易です。もしこの設定にするのであれば、もう少し“三人田”に関しての言い伝えを丁寧に書き込み、物語の中での言い伝えの信憑性を高めて欲しかったと思います。

そうした設定もなく、結末も“三人田”の言い伝えに関しては何も書いてありません。単に、返却した、というだけです。

鈴木英治という人はもう少し丁寧に物語を組み立てていた人の筈なのですが、このシリーズに関しては巻が進むにつれ雑さを感じるようになっています。

今後の修正を待ちたいものです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR