FC2ブログ

誉田 哲也 Qrosの女





この物語は、「芸能界」と「週刊誌」を舞台とするサスペンスの要素も詰まった長編小説です。

世間を騒がす謎のCM美女「Qrosの女」の素性を暴くべく奮闘する「週刊キンダイ」芸能記者の矢口慶太。CMで彼女と共演した人気俳優・藤井涼介の自宅を、先輩記者・栗山と一緒に張り込むとそこに当人が!?藤井との熱愛スクープ・ゲット!それともリーク?錯綜するネット情報と悪意。怒涛のエンタメ誕生!! (「BOOK」データベースより)


誉田哲也の小説といえば、エンターテインメント性の高い物語で人気ですが、中でも描写のグロテスクさが一つの特徴として挙げられます。本書はそうした指摘に対し、「不幸な真実の物語」とは反対の、全くグロさを封印した「幸せな嘘の物語」を描いたのだそうです。( Qrosの女 誉田哲也 : 参照 )

生粋の芸能記者である栗山孝治は、過去に一度だけ仕事上でミスを犯し、「贖罪」としての思いを持ちつつ並行取材ネタの一つとして「Qrosの女」を追いかけていました。ある取材先で突然に自分は「Qrosの女」に会ったことがあることに気づき、その女の追跡調査を続けます。そこに、園田芳美という芸能ゴロ記者が関わってくるのでした。

その後栗山記者は「Qrosの女」こと市瀬真澄と出会い、彼女のために一肌脱ぐことになります。

この市瀬真澄という存在をめぐり、栗山孝治、栗山の後輩記者である矢口慶太、芸能ゴロの園田芳美、そして市瀬真澄の視点で「Qrosの女」の登場から、現在までを立体的に描き出しています。

つまり本書は、同じ時間軸を、異なる視点で描き出すという手法で描き出したエンターテインメント小説です。ひとつの時間軸の流れ中で、リレー方式で視点を分担して描写するのではなく、同じ時間軸を複数の視点で重畳的に描き出しているのです。

本書は舞台が「芸能界」と「週刊誌」ですので、やはり芸能ニュースではあっても報道と人権の問題も少しですが描いてあります。本来であれば、この視点は無視してもいいのかもしれませんが、やはり取材活動を描く以上は、人権の問題を抜きにしては逆に真実味に欠けると思われたのでしょう。

そして本書の見どころとしては、やはり芸能界の裏側の描写でしょうか。大手プロダクションの大物が芸能界で実質的な力を握っており、このボスには誰も逆らえないこと、人気スターの裏の顔など、普段ゴシップとして囁かれている事柄がどんどん出てきます。

こうしたこともどこまで本当のことなのかは分かりませんが、そうした噂話を格好の話題とする私たち一般人の後ろめたい部分をくすぐってもくるのです。

そして、本書で忘れてならない点がネット社会の恐ろしさです。話題になった人物をどこまでも追いかけてネット上にさらすというのは、絵空事ではなく現実の話です。そして、そうした行動を取っているのがマスコミではなく一般人だという現実。こうしたネット社会の恐ろしさを本書は暴き出しています。

グロさがない、誉田哲也のエンターテインメント小説です。やはりこの作家の作品は面白い、そう思い知った作品でもありました。

誉田哲也というエンターテインメント作家の上手さを改めて認識させられた作品でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは

「盤上の向日葵」へのコメントを
あえてこちらのほうに書かせていただきます。

非常に、面白いです。
が、その面白さを倍増させるために
実在した真剣師「小池重明」(ご存知でしょうか)に関する本を先に読んでおくことを
強くおすすめいたします。

ありがとうございました。

四国もようやく寒くなってきました。
お体にお気をつけご自愛くださいますよう 拝

Re: No title

早速のお返事、そして情報を有難うございました。

頂いたコメントの返事はどちらに書いていいものか少々悩みましたが、
こちらが分かりやすいかと判断しました。

真剣師「小池重明」はその名前だけは聞いたことがあります。
多分、将棋関連の小説か漫画かを読んだときに出てきた名前だとは思うのですが、
残念ながら何の本であったかは覚えておりません。

小池重明を調べると、小説では団鬼六の『真剣師 小池重明』という作品がありました。

これを読んでみます。
ただ、肝心の『盤上の向日葵』を読めるのはいつのことになるか分かりませんので、
その日の直前にでも借りようと思っています。

その時にはまた書きこませていただきます。

有難うございました。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR