鈴木 英治 信義の雪 沼里藩留守居役忠勤控




このところ『口入屋用心棒シリーズ』を読み続けていた鈴木英治の新作シリーズで、口入屋用心棒の湯瀬直之進の出身地である駿州沼里藩関連の物語です。

主人公は沼里藩江戸屋敷留守居役の深貝文太郎という男です。ある日、文太郎の相役である高足惣左衛門が町屋の女を殺した罪で捕縛されます。高足の無実を信じる文太郎は、高足ののこした「さんずのかみ」という言葉を頼りに真犯人の探索に乗り出すのでした。

本書は、副題で「沼里藩留守居役忠勤控」とあるように、江戸藩邸の留守居役である主人公の活躍を描く物語だと思われます。読んだ通りのそのままですが、まだ第一巻目であり、今後の展開を待つしかありません。

少なくとも第一巻目である本書では、沼里藩江戸屋敷留守居役の深貝文太郎という男を中心に、同僚の無実を晴らすために奔走する文太郎の姿が描かれています。

ただ、クライマックスでこの物語の色合いを決めるであろう出来事が起きます。そこで終わっているので今後がどんな展開になるのか、何も分からない、と言うべきでしょう。

今のところ口入屋用心棒シリーズでの富士太郎のような、ある種能天気な人物は登場してきておらず、本シリーズのほうがシリアスな展開になるのではないかと思われるだけです。

ただ、捕物帳的ではあっても、口入屋用心棒シリーズでもそうであったように、探索の進み方がどちらかというと場当たり的な印象がある点は本書でも否めません。

もう少し丁寧な描写、物語展開が欲しい気はしますが、やはり気楽に読めることを第一義とする痛快小説としては、これくらいの物語のほうがいいのかもしれません。

先に書いたように、最後で意外な展開も見られて以降の進行が気になることでもあるし、とりあえずはしばらく読み続けて見ようと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR