知野 みさき 落ちぬ椿: 上絵師 律の似面絵帖




本書は、上絵師として身を立てようとしている二十歳すぎの娘である律の、一生懸命に生きている姿を描く長編の人情小説、だと思われます。持ちこまれた事件の似面絵を描くことでその事件の解決に役立つことはあっても、捕物帳ではなく、事件について探索する姿もないので、結局は律の恋心や、上絵師としての成長などが描かれることになるのでしょう。

とはいえ、まだシリーズは始まったばかりで、本シリーズがどのような性質のものであるのかはまだはっきりとはしていません。

律の仕事である上絵師とは、「着物に花や鳥、紋様、家紋など、様々な絵を入れるのが」仕事です。父の伊三郎のもとで手伝いをし、腕を磨いてはいたものの、律の名では仕事を貰うまでには至らず、弟と二人、父親の貯めていた蓄えを食いつぶしながら、何とか細々と暮らしているところです。

律と慶太郎の母親美和は五年前に辻斬りのために命を落とし、父親の伊三郎も今から二月前に川に浮かんでいる姿が見つかりました。残された弟の慶太郎はまだ九歳であり、律が頑張らなければならないのです。

ここで本書の登場人物を見ると、まず律には涼太と香という幼なじみがいます。二人は表店の葉茶屋・青陽堂の兄妹で、律の隣人である今井直之の手習い指南所で一緒に学んだ仲でした。

この律が、今の律たちの親代わりとも言えそうな立場の今井の計らいで、定周り同心である広瀬保次郎に頼まれ似面絵を描くことになるのです。この似面絵の出来栄えが見事で、事件を解決に導くことになり、律もわずかながら生活の糧を得ることができるようになります。

ただ、他の捕物帳のような事件の探索を経て事件が解決するような話ではなく、律と慶太郎姉弟の身の振り方について隣人や、親戚幼なじみらが世話を焼き、それについて律の恋心が絡んだりする姿が描かれる、人情小説の王道を行く物語でもあります。

作者が女性ということで共通するからなのか、高田郁の『みをつくし料理帖シリーズ』の雰囲気にとても似ています。主人公が料理人と上絵師という手に職を持った娘であることも同じです。何よりも、文章の雰囲気も似たものがあります。

特に本書において主人公の律が上絵を考えるときや、亡くなった親を思う時などの描写、律の心象を語る場面の時間の流れ方はゆったりとしています。文章のテンポが悪いということではなく、読みやすさは保ったままでただ刻だけが緩やかに感じられるのです。

これは非常に心地よい経験でした。読んでいてとても楽になる、そういう経験はあまりありませんでした。

多分ですが、新たに読み応えのある時代小説が見つかったと言えるのではないでしょうか。続編を待ちたいものです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR