田牧 大和 とうざい




江戸は木挽町にある松輪座という小さな浄瑠璃小屋を舞台に繰り広げられる人間模様を描いた長編小説です。

久しぶりに読んだ田牧大和作品はやはり心地よく、またこの人の作品を間をおかずに読みたいという気にさせられた作品でした。

ある日松輪座に、童を連れ正兵衛という隠居風の上方言葉の男が、幹右衛門を訪ねてやってきます。正兵衛の連れている童は名を駒吉と言い、何故か八十次郎のことを「かかさま」と呼ぶのでした。

翌日、松輪座では次の新作である「千鳥三味線」が化けて出た、と騒ぎになっていました。夜中、舞台で太棹三味線が聞こえてきたというのです。

そうこうしていると、今度は人形師の彦太と衣装のおせんが仕事を降りると言いだし、新作の「千鳥三味線」が演じることができなくなりそうな事態に陥るのでした。

その後、「千鳥三味線」の崇りはひどくなるし、駒吉を狙う侍が現れたり、気の弱い雲雀の芸が行き詰まったりと、松輪座は何かと騒々しいのです。これらの事態はうまく収まるのか、雲雀の芸の行方はどうなるのか、田牧大和の筆は走ります。

気の小さい紋下太夫の竹本雲雀太夫と、評判の人形遣いで女形が得手の「氷の八十次」との異名を持つ吉田八十次郎のふたりを中心に、座長の亀鶴、雲雀太夫の相方の三味線弾きである鶴沢幹右衛門やもう一人の人形遣いである毅助他の登場人物が生き生きと動き回ります。

特に、亀鶴の一人娘であるお珠がこの作家の得意とするキャラクターのようで、小生意気でおきゃんな、しかし小気味いい娘として登場します。ただ、活躍の場面は少なく、目立つわりには役割は少なめです。

何といっても目玉は八十次郎ですが、その存在は雲雀の成長を見守るところにも出ています。見守ると言っても、本来は一座の代表者である紋下太夫の雲雀のほうが格上である筈なのですが、その気の弱さが芸風にも現れていて、八十次郎の冷たい言い回しに逆らうこともできないでいるのです。

この義太夫語りと人形使いとの関係が次第に変化していくところも見どころの一つでしょうが、舞台が浄瑠璃の小屋であるところから、舞台の描写も含めた物語自体に漂う小粋さこそが本書の一番の魅力だと思います。

田牧大和のファンとして、一言だけ素人の注文をつけるとすれば、もう少し、物語の視点を定めてもらえればもっと読みやすくなるのではないか、と思うのみです。読み進める中で、会話の主体を若干見失う場面があったのです。もっとも、これは読み手である私の方の問題かもしれず、もう少し丁寧に読めば済むことなのかもしれません。

とにかく、久しぶりに読んだ田牧大和の小説は、やはり十分に面白いものでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR