FC2ブログ

知野 みさき 舞う百日紅: 上絵師 律の似面絵帖




上絵師として身を立てようとする律のひたむきに生きる姿を描く長編の人情小説の「上絵師 律の似面絵帖シリーズ」の第二弾です。

前巻に続き、上絵師として必死に生きようとする律の姿が人情味豊かに描かれており、他の文庫時代劇と同様に四話からなっています。

それぞれの話で、律の似面絵をもとに見つかった迷子の話や、律が描いた似面絵に描かれた女が殺されてしまうなどの出来事が描かれていて、他方、父親が殺されたと信じる律は仕事の合間に父親の残した似面絵に似た男を探しているのですが、この男の探索が本書全体を貫く話となっています。

男を探す律のもとには、犯人らしき男に似た男を知っているとか、その男を見かけた賭場を見つけたなどの情報が集まってくるのでした。

そんな中、幼なじみの涼太が律の父親のものと思われる根付をある質屋で見つけたと知らせてくれました。律は自らその質屋に乗り込み、今度は父親のものと思われる巾着を見つけ、その巾着を購入しようとしている客と会うことになります。

その質屋が隠し事をしているとにらみ、その客という男が怪しいとにらんだ涼太は、今井直之や同心の広瀬保次郎らの助けを借りながら、律の身を守ろうと図ります。そして、律が問題の客と会う日がやってきました。

こうして、一方では父親殺しの犯人を探しながら、他方では各話ごとに巻き起こる出来事の流れを追いつつも、律の本業である上絵師としての仕事の上達ぶりも描かれています。

その上で、律と涼太との仲も、律には基二郎という職人との縁談の話があり、涼太には綾野という娘が片想いをしていたりと、はたで見ている涼太の妹の香には気がせいてなりません。

そうした律と涼太の二人のこれからも大きな見どころとなっているこの物語です。

次第にこの作者の物語世界に引き込まれているようで、次の作品を手に取りたい気になっています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR