佐々木 譲 沈黙法廷




綿密な捜査状況、そしてその後の法廷の様子までをも丁寧に描き出している長編の警察小説であり、法廷小説です。

東京は北区の赤羽で一人の資産家が殺され、赤羽署の捜査員が捜査を開始します。捜査線上に浮かんだ家事代行業の女性のもとに捜査員が向かうと、直前に埼玉県警の捜査員が訪れていました。

彼女の周りでは他にも不審な事件が起きており、埼玉県警と警視庁との駆け引きの中、彼女は起訴されるに至ります。この事件に興味を抱いた一人の弁護士が自ら担当弁護士となり、彼女の弁護を引き受けるのでした。

これまで読んできた佐々木譲の作品からするとかなり異なる印象の長編の物語です。

まず、赤羽の資産家が殺された事件のいわゆる地取りと呼ばれる聞き込み捜査の状況がかなり詳しく語られ、また殺害現場の状況も詳細に描写されて行きます。

その捜査に携わるのは赤羽署のベテランの刑事ですが、殺人事件の常として捜査本部が置かれると本庁の刑事一課のベテラン刑事が乗り込んできて、ペアを組まされるのです。

ここで赤羽署の刑事と組む一課の刑事が若干問題ありで、見こみ捜査のニュアンスが漂います。その後の物語の展開を示唆されているようです。

被害者の日々の様子が次第に明確になっていき、この数日の間に殺害現場を訪れている家族、リフォーム業者、デリヘル嬢や不動産業者、それに家事代行業者などが次々に浮かび、そしてあるものは捜査の対象に残り、あるものは対象から外れて行くのです。

その様子が実に克明に描写されています。実際の警察の捜査もこうあるのだろうと思うように、この作者の警察小説でよくあるように緻密に事実が積み重ねられていきます。ただ、常の小説よりも描写が詳細であり、少し異なるという印象は受けます。

その後に、埼玉県警との捜査の衝突が起き、両警察の面子がかかってくる様子が描かれます。このあたりの描き方は物語であるからこそなのか、現実にもそうした縄張り意識があるのか分かりませんが、巷で言われていることからすると、現実にありそうな事柄ではあります。

本書も半ばになると、容疑者が起訴され、場面は法廷に移るのですが、ここでの描き方は容疑者の恋人と思われる人物の目線になります。つまりは傍聴人ということになるのです。

傍聴人の東京地方裁判所での傍聴の手順から描かれ、読み手が法廷に自ら入っていくかのように描き出してあります。この目線はなかなかに面白いものでした。

ここでの法廷の様子が実務に即したもので、最後に弁護士の「助言」、「ご教示」、「単行本化に際しての監修」に対する謝辞があるように、実務家の手ほどきを受けた現実の手続きを踏襲してあるのです。代わりに、通常の法廷ものとはかなり異なると言っていいと思われます。あくまで現実的に訴訟手続きが進み、裁判員裁判の評決へと進むのみです。

佐々木譲という作家は多くの警察小説を著わしておられますが、この作家のこれまでとはちょっと違った、それでいてこれまでの作風の延長線上にあり人間の姿が置き忘れられることもない警察、法廷ものとして特異に位置を占めるかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR