FC2ブログ

知野 みさき しろとましろ 神田職人町縁はじめ





この作者の『上絵師 律の似面絵帖』シリーズがかなり面白く、別の作品も読んでみようと手に取った作品で、全部で三話からなる、連作の人情ものの短編時代小説集です。

この物語の主人公は、縫箔師をしています。

縫箔という言葉を調べると、「縫箔は、縫い(刺しゅう)と箔(摺箔(すりはく))を用いて裂地(きれじ)に模様加工をすること。」とありました。( 『職人尽絵詞』に見る、『江戸時代の職業・風俗』 : 参照 )

そうした咲という名の女性を主人公にする本書では、しろとましろというタイトルにもなっている双子が狂言回しのように登場し、主人公と修次という簪職人との出会いを設定しながら、三篇の話のきっかけをつくっていきます。

この双子、咲がお参りをする小さな稲荷神社の小さな鳥居の脇に鎮座する神狐ではないか、との推測を当初から覗かせながら、なかなかにその正体を明らかにしないままに物語は進みます。そういう点ではある種ファンタジーなのですが、物語の内容は人情物語です。

第一話「飛燕の簪」では明日は姉が奉公に出る日だという一人の男の子との出会いを、第二話「二つの背守」では、一人の老婆をめぐる、生き別れになった姉妹の再会の物語を、第三話「小太郎の恋」では、蕎麦屋で出会った小太郎という大工の恋模様の話という、それぞれに心地よい人情物語が語られます。

しかしながら、何となく感情移入できません。この作者の『上絵師 律の似面絵帖シリーズ』では感じなかった物語の薄さを感じてしまいました。主人公を始め、登場人物象の書き込みが少ないこと、心情の描写があまり無いこと、それに話の流れが少々都合が良すぎることなどが気になったようです。

上絵師 律の似面絵帖シリーズ』の印象が良かったためにハードルを挙げて読んだということもあるのかもしれません。

本作が書かれたのが2015年7月で、その後一年を経てから『上絵師 律の似面絵帖シリーズ』が書かれていますから、作者の技量が挙がったと言えなくもないのかもしれません。勿論、私の読解力の無さということも十分にありうることですが。

ともあれ、今後の読み続けていきたい作家さんであることに違いはありませんでした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR