高田 郁 あきない世傳金と銀 源流篇




『みをつくし料理帖しシリーズ』で一躍人気作家となった高田郁氏の新作で、人情ものの時代小説です。

学者の子として育った主人公の幸は、享保の大飢饉などの災害などの末に、九歳という年齢で大坂の呉服商「五十鈴屋」に奉公に出ることになります。「手の荒れておらぬ者は信用するな。自ら汗を流さぬ者を信頼するな。」と言い、「商いとは、即ち詐りなのだ」と言い切る幸の父親でしたが、一方「知恵は生きる力になる」という兄の、「商を貶めて良いものではない」という言葉もまた心に残っていました。

商売については何も分からないまま女衆として働きながらも幸の知恵への欲求は深く、そのことに気付いた五十鈴屋店主四代目徳兵衛の末弟の智蔵や番頭の治兵衛の庇護もあり、少しずつ知識を身につけていく幸だったのです。

まだ一巻目なのではっきりとしたことは言えないのですが、『みをつくし料理帖しシリーズ』と比べると、同じような女性の働き手の成長物語でありながら、こちらの方がかなり書きこまれており、物語としての厚みが増していると感じられました。

本書の幸は奉公の始めはまだ九歳であり、商いについては全く無知な状態から始まっているために、彼女の知識の吸収の過程が描かれているということ、また吸収していく知識の量が違うということもあるかもしれません。

ただ、それだけではなく、大坂の商店の佇まいも含めて、物語自体の構成の仕方、文章の流れ自体がより奥行きがあると思われるのです。

もしかしたら料理人と商売人という職種の差も大きいのかもしれませんが、主人公の職種の違いだけではない物語としての出来の差を思うのです。

これから、幸がどのような人生を歩むのかは全く分かりませんが、「五十鈴屋」の先代の母親で現店主四代目徳兵衛の祖母にあたる富久や、先述の末弟智蔵、番頭治兵衛らといった登場人物らも第一巻目にしてなかなかに興味を惹く描き方が為されています。

特に番頭の治兵衛の存在が大きいと思われ、人情家としての側面が強いのか、商売人としての貌がより前面に出てくるものなのか、多分後者だとは思うのですが今の段階ではよく分からないところなども興を惹きます。

特に本書の終わり方には早くも幸の行く末に大きく影響を与えるであろう出来事が記されています。このように書かれていては続巻を早く読みたいと思うばかりです。

現時点ではすでに四巻目までが出ているようです。早速次を読みたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR