FC2ブログ

鳥羽 亮 剣客春秋親子草 母子剣法




剣客春秋親子草シリーズの第二弾です。

前巻では陸奥国松浦藩のお家騒動に巻き込まれ、更には彦四郎とちさという女剣士との間の揺れる恋心などが描かれていたのでした。

今回は、出羽国島中藩主嫡男の長太郎の剣術の指南役として、一刀流の各道場の一人として千坂道場主である彦四郎の参画を願いたいという話が起こります。

この嫡男の指南役の選定には彦四郎の妻の里美と花も同道してもらいたいという願いも添えられていました。嫡男長太郎君は気弱なところがあり、里美と花の剣術の稽古の様子を見れば自分も稽古をしようと思うのではないか、というのです。

島中藩には他に鬼斎流という流派もあり、また一刀流にしても他に三橋道場と関山道場にも声をかけてるということでした。しかしながら、これらの流派の中から千坂道場が選ばれることが今回の騒動のもととなるのでした。

こうした騒動の前から千坂道場には正体不明の道場破りが来たり、その道場破りの連中により稽古帰りの弟子たちが襲われ、切り殺される事態にまでなっていました。

千坂彦四郎は籐兵衛に頼み、弥八やその手下の佐太郎という岡っ引きらの力も借りて、千坂道場に対して理不尽な行動をとり連中の正体を探り、自らの火の粉を払おうとするのでした。

藤兵衛の後を継いで千坂道場の道場主となった彦四郎ですが、前巻では陸奥国松浦藩のお家騒動に巻き込まれ、今回は出羽国島中藩での剣術指南役選びにまつわる騒動に巻き込まれます。

今回は母親となった里美や、里美同様に幼いころから竹刀を握っている一人娘の花もこの騒動に巻き込まれます。ただ、幼い花が剣術に打ち込む様子などもかわいげに描かれていて、若干の息抜きにもなっているようです。

とはいえ、剣術の手助けとして藤兵衛が、彦四郎の手足となる役目として弥八らが登場し、活躍するというのはこの物語のパターンになりつつあるようです。

この作者のお得意の剣戟の場面も盛り込まれ、可もなく不可もない、一編でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR