柚月 裕子 パレートの誤算




いかにも柚月裕子氏らしい、社会性の強い長編のミステリー小説です。

津川市役所に就職したばかりの新人である牧野聡美は、予想外の社会福祉課の、それも生活保護にかかわる業務を任されることになります。同期の小野寺と共にケースワーカーの仕事を覚えるように命じられ憂鬱になっている聡美を、先輩である山川は親身になって心配し、仕事の説明をしてくれるのでした。

その山川が、訪問先のアパートの火災で死体となって発見されるという事件が起きます。調べが進むと、そのアパートには暴力団が出入りしていたらしく、であれば山川が暴力団について記録を残していないのは何故なのか、また安月給でありながら高価な腕時計をしていた理由は何かなどの疑問がわいてくるのでした。

こうした中、聡美は、暴力団の出入りという生活保護不正受給の可能性がある以上は自分たちの仕事であり調べる必要があるとの小野寺の言葉に同調し、小野寺と共に問題のアパートの受給者の身辺を調べ始めるのでした。


生活保護の不正受給の問題は一時期よくニュースでも取り上げられていました。本書内でもそうした事例を紹介してありますが、一軒のアパートに形ばかりの小部屋を作って生活保護受給者に住まわせ、その生活保護費の大半を吸い上げるなどのいわゆる「生活保護ビジネス」と呼ばれる手口が取り上げられていたのを思い出します。

また、役所も生活保護の認定をしたがらず、車を持っていたり、クーラーをつけていたことで認定からはずされたなどの事例がニュースでも取り上げられていたように記憶しています。

そうした現実を前提に、新人公務員を主人公としてケースワーカーという職務、そして生活保護制度を紹介しながら、また生活保護ビジネスなどの暴力団の食いものにもなっている生活保護のシステムの現状を絡めてあります。

その上で、ミステリーとしての面白さも十分に織り込んであり、社会派のミステリーの書き手としてのこの作者らしい物語として仕上がっていました。

特にラストの締めがこの作者らしいですね。社会的弱者を食い物にする人間に対する小野寺の言葉が作者の言いたいことの一つでしょう。また、はっぴい・はあとという冊子の中の「パレートの誤算」と題されたある学生の寄稿文を引用してあり、いろいろな法則で示される二割という数値も、社会的弱者とされる自分たちの努力でゼロにすることができる、と締めてあります。

こうした主張はこの作者の『佐方貞人シリーズ』で示される言わば青臭いとくくられる言葉の延長線上にあるもので、決して嫌いなものではありません。というよりも好きなタッチです。「青臭い」という言葉は正論を直接的に言うと必ず言われる言葉ですから考慮するまでもないと思われます。

ただ、それが考えが足らない場合をも含みかねない点があることには注意しなければなりませんが、この作者の場合はそれには当たらないと思っています。

一点だけ、この事件を調べている刑事の聡子らに対しての口調がかなりの上から目線で、実際の刑事があのような口調で質問するものなのかという、疑問はありました。でも、エンタメ小説上の技法ということも考えられ、特別に取り立てて言うほどのことでもないのでしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR