FC2ブログ

あさの あつこ 薫風ただなか




あさのあつこの描く青春小説であり、その時代小説版として青春時代小説と言えるでしょう。


「薫風」とは、「初夏、新緑の間を吹いてくる快い風。」のことを言うそうです( goo国語辞書 : 参照 )。



鳥羽新吾は、かつては「藩学」に通っていたのですが、石久藩中老の子息である瀬島孝之進の取り巻きに袋だたきにされ、それを誰もとがめない風潮に嫌気がさし、いまの薫風館へと通うようになっていました。

ある日、妾のもとに居続けている父兵馬之助が久しぶりに家に帰ってきたかと思うと、薫風館を探るようにと新吾に申しつけます。石久藩藩主の沖永山城守久勝を無きものにしようとする企みがあり、薫風館のものは皆庭田一派だというのです。

ある日、町中で薫風館でできた親友である弘太郎や栄太と談笑していると、瀬島やその取り巻きと会ってしまいます。その折に、弘太郎や栄太にやり込められた取り巻きらでしたが、その後、栄太が何者かに打ちのめされ、死線をさまようことになってしまうのでした。



本書はまさに青春小説でした。プロローグで、現代の薫風高校野球部の試合の場面から幕を開けているので、一瞬、装丁とは異なり現代小説なのかと思ってしまいましたが、本編が始まると、高校野球に打ち込む若人の姿がそのまま時を越えた若者の姿として物語が始まりました。

藩の上士の子らが通う「藩学」で今でいういじめにあい、より自由な校風の薫風館に通い始め、素晴らしき友を得て明るい日々と送っている主人公の新吾です。

その新吾の現在の鬱屈は、上士という身分に強いこだわりを持つ母親の存在でした。下士の子らも通う薫風館に、新吾が通うこと自体が許せないことなのです。

新吾は「身分」や「家柄」というものに重要な価値を見る母親の嫌味に日々付き合わねばならないことに嫌気がさしていたのです。

本書は、そうした新吾の社会を見る目の変化を如実に表しています。当初は「家柄」のみしか眼にはいらないと思っていた母親の意外な側面を見出し、同様に父親の有する地位を自らの実力と勘違いしているその息子の彼なりの苦悩を知り、信頼していた人の意外な一面を見たりと、元服前の少年の成長の様子が封建的な時代を背景に語られています。

その様子自体も物語としても面白く読み進めていたのですが、更に少年の視野が広がり、今まで見えていなかった事柄を知るにつけ意外な真実が見えてくるさまなど、ミステリーとしても面白い物語でした。

この著者の『弥勒シリーズ』で見せた、深い闇を抱えた登場人物のしつこいばかりの心象描写も本書ではあまり見られず、青春小説としての側面が強く前面に出ています。

シリーズ作品の多いこの作者の新しいシリーズものの開幕かと思いきや本作だけの単発での作品でしたが、時代ものの青春小説として面白く読めた作品でした。

青春小説としてかなり良くできた一冊ではないでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR