FC2ブログ

今野 敏 襲撃




今野敏の武術に明るい側面が出ている長編のアクション小説です。

空手の試合で膝関節を痛め、実戦空手の世界から遠ざかっていた美崎照人は、裏世界の顔役でもある中華レストランオーナーの劉昌輝から紹介を受けた星野雄蔵という空手選手の治療を終えもう少しで自分の診療所にたどり着くというところで襲撃を受ける。その場は正体不明の何者かの声かけにより助かったものの、襲われる理由が分からなかった。

星野の次の治療日の帰り、再び襲撃された美崎はナイフの傷を負うも、何とか逃げ延びることができた。翌日、すべての診療予定をやめ休んでいると、赤城がやってきてこの襲撃は劉昌輝絡みではないかという。

診療所を再開した美崎が劉昌輝の治療に赴くと、劉昌輝は自分に護衛をつけるという。自分のビジネスに関係する可能性もあるというのだった。


この作品は以前読んだことがある作品だと思っていたら、同様の設定の作品があるのだと、解説の関口苑生氏が書いておられました。それは『拳鬼伝』シリーズの1~3であり、後に『渋谷署強行犯係』シリーズの『密闘』『義闘』『宿闘』と改題され出版されているそうです。

本書が最初に出版されたのは2000年10月で、『拳鬼伝』が出版されたのは1992年6月が最初ですから、似た設定の作品を八年も経ってから書くというのは、それほどに作者が本書の設定を気に行っていたということでしょうか。

確かに、本書は今野敏という作者の作品に流れる格闘技を主題にした系列の作品として、作者の主張が明確に記されている作品のような気もします。それは現代のフルコンタクト制の空手の流れとは異なる、本書で言う琉球古武術の系統の護身術に近い守りのための武術を身につけた主人公の主張を前面に押し出した小説だということです。

それは決してフルコンタクト制の空手を否定するものではありません。そのことは患者の一人のフルコンタクト制の選手との治療中の会話の中で語られていることでもあります。

そもそも主人公の職業である整体も、現代の整体術を学んだ主人公が、自分が学んだ琉球古武術を生かしつつ施術しているように描かれているのです。

本書は、主人公が患者の一人である星野雄蔵という選手の治療を行うことから事件に巻き込まれていくのですが、格闘技に対する作者の考えに加え、中国マフィアという裏社会の闘争を絡めてエンターテインメント小説として仕上げてあります。これは今野敏という作者だからこそ書ける小説だと思われるのです。

そして、本書では膝を痛めている主人公は今でも武術の達人ではありますが、それでも膝の怪我というハンディを抱えていることに加え、達人であっても複数の暴漢に襲われれば、やはり簡単には撃退できない、などのリアリティも持っています。

とはいえ、色々と理屈はつけられますが、そうした話はどうでもよく、要は読んでいて面白い作品だ、という一点につきます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR