FC2ブログ

田牧 大和 錠前破り、銀太





「菜や肴が旨い、うどんはまあまあ、そして、蕎麦が不味い」蕎麦屋として名高い「恵比寿蕎麦」が、木挽町の近くの三十軒堀にありました。その蕎麦屋の主は銀太といい、弟の秀次と二人でこの店をやっているそうです。ただ、この蕎麦屋は蕎麦以外は良いが、肝心の蕎麦が茹で過ぎ不味いというのでした。

その店に、ある夜一人の幼い印象の男が店に飛び込んできたものの、二人の説得に応じて裏口から飛び出していきました。

翌日、幼なじみの北町奉行所吟味方与力助役の貫三郎こと、及川吉右衛門が訪ねてきて、質屋の「亀井屋」に押し入った盗人を捉えたものの、犯人とは思えないと言います。また、同じ晩に辻斬りも発生し、ただ、それまでの辻斬りと手口が異なるというのでした。

後日、貫三郎が「恵比寿蕎麦」に飛び込んできた加助という名の子供を捉え話を聞くと、「亀井屋」に忍び込んだのは自分であり、大切な人が書いたとされる偽造された借金の証文が、無関係の「亀井屋」にあるのでそれを取り返しに来たというのでした。

そんな中、銀太が「亀井屋」について探索を始めると、何者かに後をつけられ、訳もわからないままに襲われます。その翌日には錠前師の緋名が、秀次が大番屋に引っ立てられたと知らせてきたのでした。



読み始めるとすぐに一人の女錠前師が登場します。名を緋名といい、凝った細工の鬢盥を持っています。以前読んだこの作者の『からくりシリーズ』に登場する錠前師に似ている設定だなどと思っていたのです。

ところが、読み進めるうちに、この緋名にはいつも大福という猫が寄り添っており、「緋錠前」と呼ばれるからくり錠前の作り手であるというのですから、これは『からくりシリーズ』のスピンオフ作品ではないかと思いながら読み進めることになりました。

主人公は銀太というもと盗人であり、その弟の秀次が人たらしと言われるほどに人懐っこく、加えてこの二人の幼馴染として、貫三郎という与力を配置しています。この三人を中心として話は進むことになりますが、そこに前述の緋名という女錠前師が絡み、物語の世界が別のシリーズとリンクし、ぐっと広がります。

本書は、貫三郎のある事件の吟味に対する疑いと、それとは別の人助けの話とが絡み合い、緋名の力も借りつつ展開されるミステリー仕立てのエンターテインメント小説となっています。

当初は、まずい蕎麦屋などという設定や、銀太のもと盗人という背景も、何ともよくわからないままだったので、田牧大和の作品の中では今ひとつの作品という印象でした。

しかし、読み進めるうちに、緋名の正体が明らかになり、もしかすると、「恵比寿蕎麦」に来店するらしいお騒がせの森田座の大部屋女形たちも、田牧大和の『濱次シリーズ』という別のシリーズに言登場する連中かもしれないと思えはじめます。

加えて、敵対する「三日月会」という組織の存在が見えてくるにつけ、結構この物語に引き込まれていました。


文章そのものは田牧大和の作品ですからリズム感があり、読みやすい作品ではあります。問題は登場人物のキャラクターに難有りかと思っていたのですが、それも少しずつ魅力的に思えてき始め、最終的には続巻を読みたいと思うまでになっていました。

ただ、物語の展開がたまたま銀太の周りの世界で発生し、少々偶然が重なり過ぎるきらいは感じます。

そしてシリーズものの常として世界観がきちんと把握できるのに若干時間がかかり、また何となく物語の展開が舞台を見ているようで動きに欠けるきらいはあるのです。

しかし、読み終えて見ると、やはり面白い物語と言い切ることができる作品だと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR