田牧 大和 錠前破り、銀太 紅蜆




『錠前破り、銀太シリーズ』の第二作目の、長編の痛快時代小説です



銀太の「恵比寿蕎麦」で、ふた月で三人の亭主が死んだ後家さん、つまり「亭主を取り殺した後家」の話で常連客らが盛り上がっていた。秀次は、この話に貫三郎が気にしそうな話なのに何も言ってこないのは変だという。

そこに、第一巻目で登場した質屋の「亀井屋」の手代として「三日月会」の取りまとめをしていた蓑吉がやってきて、「三日月会」が動き出したと告げてきました。

その数日後、「恵比寿蕎麦」にやってきた貫三郎が、「亭主を取り殺した後家」の綾乃という女について相談があると言ってきたものの、その後家について調べてきた秀次と言い争いになり、帰っていってしまいます。

そのうちに貫三郎が行方不明となり、探しに出た銀太は以前傘を借りた仙雀の家でおしんという女の子と出会います。一緒に住んでいる爺さんが居なくなった話を聞き、銀太はおしんの爺さんも一緒に探すことになるのでした。



前巻の第一作目『錠前破り、銀太』でそこそこの面白さを持った小説だと感じていたのですが、本書を読み終えてその感をさらに強くしました。

ひとつには、前巻で「三日月会」の一員でありながらうまいこと逃げた蓑吉が、本書でも再度良く分からないキャラクターとして登場するのですが、この「三日月会」という組織がシリーズを通した銀太の敵役として設定されているのだろうと、敵役キャラとして何となくの魅力的を感じられるからです。

とくに本書でうれしく思ったのは、銀太の店に現れるという女形集団が、予想通り『濱次シリーズ』に登場する森田座の大部屋女形たちであるということがはっきりし、また、『濱次シリーズ』の登場人物の一人である有島千雀が重要な役割を持った人物として登場してきたことです。

馴染みのあるシリーズの登場人物が、思いもかけないところで更に魅力的に登場するというのは、エンターテインメント小説の一つの面白さでもあります。

逆に気になるところもあります。それは、たまたま仙雀と出会い、そこに綾乃が狙った爺さんの孫娘のおしんがいたりなどと、発生する事件が偶然に発生していることでしょう。仙雀の登場は偶然ではないにしても、おしんの存在は偶然としか言えないのです。

とはいえ、本書では緋名の回りの人物も少しずつ顔を見せたり、仙雀がはっきりと重要人物として登場したりと、各シリーズがリンクした世界感がはっきりとしてきました。

綾乃という女の仕掛けが少々回りくどい点も気になるところではあり、このシリーズの物語の組み立てが若干緻密さに欠けると感じる点はありますが、それでもなお面白い痛快小説ではあります。

これは私の好みに合致しているところからくる贔屓目かもしれません。

読了後、ネットを調べていると驚きの情報を見つけました。それは、本シリーズは『からくりシリーズ』のスピンオフ作品だと信じて疑っていなかったのですが、それは間違いで『濱次シリーズ』のスピンオフ作品だというのです。これは作者自身の言葉として書いてあるのでこれ以上のものはありません。

驚きでした。

今後の展開が楽しみです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR