FC2ブログ

葉室 麟 春風伝

春風伝春風伝
(2013/02/22)
葉室 麟

商品詳細を見る

個人的に歴史上の人物ではもっとも魅力的だと思う人物の一人である高杉晋作の物語です。

「銀漢の賦」や「蜩の記」を書いた葉室麟の初めての歴史小説ということでかなりの期待をもって読みました。しかし、若干の期待外れではありました。勿論私の過大な期待と、また個人的な好みに若干合わないというだけのことなのですが。

つまり、晋作という人間象が今一つ感じられなかったのです。全体的に歴史上の出来事の摘示は緻密に描いてあると感じたのですが、葉室凛版の晋作象が見えてこない。例えばここの晋作と言う名前を「竜馬」と置き換えてもそれはそれで通るのでは無いかと思ってしまったのです。

特に前半で高杉晋作の中国行きのことが書かれていますが、どうしてもコミックの「おゝい竜馬」の中で竜馬が上海に行き列強の傍若無人振りを見る場面と重なり、その描写の長さもあって、その長さの分晋作の物語を展開してほしいと思ってしまいました。

「父子鷹」や「北斗の人」のような主人公が生き生きと動きまわる、そうした高杉晋作像を前提としての物語を勝手に期待していたので残念でした。

そうした不満はありながらも、特に後半の晋作が歴史の表舞台に飛び出してからの展開などはかなり面白く読みました。薩長同盟の最初の提唱者が月形洗蔵という人物であることなど、この手の歴史小説では初めて明記してあったのではないでしょうか。もしかしたら私が知らないだけかもしれませんが。

葉室凛の今後の歴史小説にも期待してみたいです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR