FC2ブログ

鳥羽 亮 剣客春秋親子草 無精者





剣客春秋親子草シリーズの第四弾です。



稽古中に知らせを受けた彦四郎が駈けつけて、三人の侍と対峙していた、若侍と十六、七と思われる娘を助け出すところからこの話は始まります。

後日、助け出した岩田要之助という若侍が、笹森という中年の武士とともにが道場にあいさつに来て、内弟子にして欲しいと言ってきます。娘は要之助の許婚で、千石の旗本小堀家の娘であり、同行の笹森は小堀家に仕えるものだというのです。そのゆいもまた、里美に剣術を教えて欲しいというのでした。

その後千坂道場の様子を探る侍が見受けられるようになり、また稽古をつけてもらいたいと直接道場の様子を探りに現れたりもするのでした。ついには、彦四郎や里美らが藤兵衛のいる華村に行ったすきを狙って道場を襲い、そこにいる要之助を狙ってきたのです。

永倉の機転で何とかその場はしのいだものの、このままでは済ますことはできずに対策を練る千坂道場でしたが、どうも小堀家の当主が病のため、ゆいの婿に収まり小堀家を乗っ取ろうとする当主の弟一派がいるらしく、そのために要之助が邪魔だったらしいということでした。



今回の千坂道場は、門弟らが町中での侍の斬り合いで男女二人組に助太刀をしたことから面倒事に巻き込まれます。

これまでは、とある藩の権力闘争に巻き込まれ、ひいてはその騒ぎが道場間の争いまで持ち込まれたりもしていたのですが、今回も、とある旗本の跡目争いに巻き込まれることになります。

そして、やはり弥八や佐太郎の力を借りて、敵対する侍の居所を探り当て、千坂道場の面々、藤兵衛、彦四郎、永倉らが先手を取って斬り込み、敵の力を削いでいくのです。

この弥八、佐太郎の力を借りて相手方の力を削ぎつつ、中心となる遣い手を倒す、という流れがこのシリーズの一つの形となっているようです。

前巻で、「話の運びが前巻同様」と書きましたが、それはこのシリーズの一つの形としてあるのかもしれません。それはまた、シリーズの登場人物を登場させようとすると、探索方の弥八、佐太郎と、彦四郎、藤兵衛、永倉という剣術方を全員その役割に応じて登場させると仕方のないことのようでもあります。

ただ、それは話のマンネリ化を招くことでもあり、このシリーズのファンとしてはパターン化して欲しくないという願いがあるのは勿論です。

しばらくは様子を見ることになるのでしょうが、読み続けたいとおもいます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR