梶 よう子 五弁の秋花: みとや・お瑛仕入帖




読み始めてすぐに、本書の舞台となる「みとや」についての、「食べ物以外なら何でも扱う三十八文均一の店」だという説明があり、本書の主人公である長太郎お瑛兄妹の境遇について述べてあります。その説明がどうも別の物語のように詳しいため本書の帯を見ると「みとや」シリーズ第二弾だとありました。

図書館で目の前に「梶よう子」の名前があったので、一も二もなく借りてきたため分からなかったのです。でも、第一作目を読んでいなくても十分に面白さを堪能できる物語でした。

本書は「鼻下長物語」「とんとん、かん」「市松のこころ」「五弁の秋花」「こっぽりの鈴」「足袋のこはぜ」の六編の連作短編からなる作品です。

兄の長太郎が店の仕入れを担当しているが、「ときどき、いわくつきの刀とか、大名家で誂えた高価な皿だとか、騒動の種となるような物」も仕入れてきます。

第一話「鼻下長物語」で仕入れてきたものも「黄表紙」、即ち大人向けの絵入りの読み物でした。ご隠居さまによると、鼻の下、つまり口から出る長い物語の意であり、早口言葉となるらしいのです。

このようなものがみとやで売れるものかどうか、お瑛は長太郎に文句を言いますが、聞く耳を持たない長太郎でした。

後日、長太郎の友人である寛平が、自分が約束をしていた吉原花魁の中里が旗本に身請けされてしまうと泣きついてきました。そこでお瑛が一計を案じ、もと吉原の花魁で、みとやの近所に「はなまき」を開いたお花やご隠居の力を借りて身請けを阻止するのです。

第二話「とんとん、かん」は、田舎にひっこむ船大工の茂兵衛、第三話「市松のこころ」はボヤを出した巴屋という人形屋から仕入れてきた人形、第四話「五弁の秋花」は菅谷直之進のために仕入れてきた平打ちの簪、第五話「こっぽりの鈴」、第六話「足袋のこはぜ」は店替えをするという手代から仕入れた下駄。

このように、物語は兄長太郎が仕入れてきた品物に絡んだ形で展開していきます。それと同時に、長太郎お瑛兄妹の身の上にまつわる話が縦糸として絡み、この作者の丁寧な文章のもとで人情話が繰り広げられるのです。

これまでの梶よう子の作品と同じく、とても読みやすく、それでいて心がホッとするような物語でした。それは、長太郎、お瑛兄妹の人物造形がとても心地よいものであること、兄長太郎という人物が今ひとつつかみどころのない人物として描かれていること、などのほか、ご隠居さんやお花などの脇を固める人物らの人物造形もうまいと感じられることなどからくるものなのでしょう。

これまでも『御薬園同心 水上草介シリーズ』などで人情話には定評のある作者ですが、また新しい魅力を感じる作品でした。勿論、シリーズの他の作品も読んでみるつもりでいます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR