鈴木 英治 天下流の友-口入屋用心棒(36)




口入屋用心棒シリーズの第三十六弾です。

これまでの物語とは少々異なる流れの物語でした。本作では上覧試合という剣士にとってはまたとない設定が設けられ、物語の雰囲気も若干異なったものとなっています。



突然、直之進と佐之助が勤める「秀士館」に、駿州沼里城主の真興とその弟房興とが訪ねてきた。寛永寺において御前試合が開催されることになり、沼里藩の代表として直之進に出て欲しいというのでした。

まずは全国を十二に分けられた内の一つ、東海地方の代表とならねばならず、そのためには沼里で開催される予選を勝ち抜く必要があり、尾張藩の代表であり、柳生新陰流の本流と言われる尾張柳生の剣士を打ち破らねばならないのです。

予選参加のために沼里へと赴いた直之進やおきく、そして佐之助の一行は、沼里で跳梁する押し込みの一団の退治を頼まれます。

突然直之進の屋敷へ現れた尾張柳生の剣士新美謙之介とともに押し込みの一団を退治した直之進らは予選試合へと臨むのでした。



これまでのこのシリーズの流れとは少々異なる話の流れであり、マンネリ化を感じていた私としては待ちかねた展開だと言ってもいいかもしれません。

新たに現れた尾張柳生の遣い手の思いの他の登場の仕方や人間性であったりと、軽い意外性もあり、更には東海大会という予選を勝ち抜いた直之進のこれからの全国大会での活躍も待ち構えていて、これからの展開が楽しみになってきました。

尾張柳生のこのシリーズへの絡みもなんとなく含みを持たせてもあり、他に思いもかけない剣士も登場するでしょうし、続けて読みたいと思います。

ただ、この頃池波正太郎の剣客商売シリーズを改めて読み始めたのですが、やはり池波正太郎作品の読み手の心を離さない物語の展開の仕方、登場人物の魅力などに惹かれ、どうしても池波正太郎他の大御所の作品とそれ以外の時代小説とを比べてしまいます。そして、近年の時代小説の物語の作り方、表現の方法などの安易さなどを感じてしまうのです。

それは本シリーズも例外ではありません。勿論池波作品の模倣などであってはならず、その意味ではこのシリーズは独特の個性を持っています。ただ、話の運びが物足りなさを感じてしまうのです。

今後のより良き展開を期待したいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR