長岡 弘樹 教場0: 刑事指導官・風間公親




あの鬼教官が、殺人現場に臨場!

第一話 仮面の軌跡
日中弓は、借金の肩代わりに芦沢健太郎と交際を続けてきた。大企業の御曹司から見初められ別れを告げるが、芦沢に二人の秘密を暴露すると言われる。
第二話 三枚の画廊の絵
画廊を営む向坂善紀は四年前に離婚し、息子匠吾の親権を手放した。高校二年生の匠吾には、抜群の芸術的センスがある。本人も芸大進学を希望しているが、その夢を阻む者が現れた。
第三話 ブロンズの墓穴
佐柄亜津佐の息子である小学三年生の研人は、学校でいじめに遭い、登校拒否になってしまった。だが担任の諸田伸枝は、いじめの存在を認めない。面会を拒否する諸田に、佐柄は業を煮やしていた。
第四話 第四の終章
派遣社員の佐久田肇は、隣室に住む女優筧麻由佳の美しさに惹かれていた。その佐久田のもとへ、麻由佳が助けを求めてやってくる。彼女の部屋にで俳優の元木伊知朗が、自殺しようとしているというのだ。
第五話 指輪のレクイエム
自宅でデザイン事務所を営む仁谷継秀は、認知症の症状が進む妻・清香の介護に疲れ果てていた。仁谷は五十歳、清香は七十歳。こんな日が来ることを覚悟はしていたが、予想よりも早かった。
第六話 毒のある骸
国立S大学の法医学教授である椎垣久仁臣は、服毒自殺した遺体を司法解剖する際、事故を起こし、助教の宇部祥宏に大けがを負わせてしまった。事が公になれば、自らの昇進が流れてしまう。
(「内容紹介」より)



教場』で一躍人気ものとなった鬼教官・風間公親の、刑事としての現場時代を描いた全六篇の短編小説集です。

各話の内容は上記「内容紹介」に譲りますが、これまでの『教場』『教場2』に比べると、その面白さは半減したように思えます。

物語は、T県警の各署にいる経験三か月の刑事が定期的に本部へ派遣され、風間公親という指導官の下で三か月間みっちりと教えを受ける、風間道場という刑事育成システムに送り込まれた新米刑事の話です。

これまでの教場が警察学校での話であって、風間公親がそこでの教官であったように、本書の場合は現場の刑事の話ではあっても、これまで同様に風間刑事の指導の様子が語られているのです。

ただ、本書の場合、閉ざされた社会内部での話ではなく、警察現場での話であり、風間刑事の指導も学生に対するそれではなく、実際の事件に即した刑事としての着眼点なり、考え方についての指導であり、その点ではかなり異なる内容の話となっています。

目星の付いている犯人の犯行を如何に暴いていくかという、「誰が」ではなく「如何にして」若しくは「何故」といった観点からの指導の物語であり、新米刑事の着眼点を、落第、つまりは駐在所勤務からのやり直しという脅しともとれる言動で叱咤し、犯人へとつながる道筋を見つけさせるのです。

その過程の描写で犯人の側からの視点がまずありますので、犯人が何故そうした犯行に及んだのかという動機の描写がまずあり、犯人のトリックなり、アリバイ工作なりを覆し、犯罪を暴きたてることになるのですが、ここで私は、犯人側のやむを得ない事柄の結果犯された犯罪について、犯人に対しての言及が何もないところに違和感を感じたようです。

これまでのこの著者の各作品では、登場人物の心象の描写があり、起きた事件の事後処理なり、結末報告なりのフォローがあったと思うのですが、本書の場合は犯人の側の後始末はありません。

トリックにしても、どこか現実感を書いた犯人側の設定、そして描写であるためか、これまでのような切れのよさのある伏線の回収は感じられませんでした。

もしかしたら、風間シリーズに対する私の期待感がそう感じさせたのかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR