FC2ブログ

上田 早夕里 魚舟・獣舟





本書は、五編の短編と、一編の中編からなる、SFともホラーともつかない作品集です。

本書の構成については、「ブルーグラス」と「小鳥の墓」を除いた四作が、「異形コレクション」という光文社文庫で刊行されているアンソロジー・シリーズで既出の作品を著者の短編集として組みなおしたもの、とSF評論家の山岸真氏による本書の解説にありました。

特に冒頭の「魚舟・獣舟」という作品は、堀晃氏が「2006年のベスト短編である」と絶賛されるように高い評価を受けた作品です。

「魚舟・獣舟」
この作品は、私が先に読んだ傑作長編の『華竜の宮』とそれに続く『深紅の碑文』のもととなった作品です。本書の、陸地の大部分が水没した25世紀の、陸上民と海上民と別れて暮らしているという設定は、それも、海上民の生活基盤が、「魚舟」と呼ばれる生物の体内で暮らし、この「魚舟」の変形として「獣舟」が存在する、などのアイディアは本書のこの作品が出発点となっているわけですね。

この世界観のもと、今では陸上で暮らす海上民となり、陸に上がってくる獣舟の討伐隊員となっている「私」と、自分の「朋」である獣舟を助けようとする幼なじみの海上民の美緒との物語。三十頁ほどの短編の中で表現されている世界の緻密さは見事です。

「くさびらの道」
解説によると、「幽霊の考察」というお題に対して書かれた作品だということですが、まさに幽霊の話です。九州で発生した寄生茸に体を食いつくされる病気の研究をしている主人公は、突然近畿に飛び火したこの病のために立ち入り禁止となった実家へ、妹の婚約者と共に訪れますが、そこにいたのは茸に食いつくされた筈の両親であり、妹でした。

「饗応」
主人公の貴幸は本社への出張の時、ホテルの手違いで本館の部屋が取れず、別館のよりグレードの高い部屋へと案内されます。そこにあった露天風呂で、ゆっくりと体のパーツがはずれてゆき、自分が生まれたときのことを思い出していた。

いかにもSFらしい、そしてひねりの効いたショートショートです。

「真朱の街」
ちょっと目を離したすきに五歳の娘が攫われてしまった邦雄は、捜し屋の「百目」に会い、自分の命と引き換えに娘を探すことを引きうけてもらいます。文字通り百の目を持つ鬼だった「百目」はその子を捜し出しますが、その子は特殊な能力を有していて、攫った女にも邦雄にも手元に置いておく必要があったのです。

人間と妖怪とが共存する特別区での、異形の者らの姿が描かれます。

「ブルーグラス」
彼女との想い出が詰まったブルーグラスというオブジェを、彼女が去った後O県M岬沖の海域に置いた伸雄は、その海域が立ち入り禁止になるらしいというニュースを聞いて、再びM岬を行ってみる気になりました。

ここで描かれているのは汚染され、死滅していく珊瑚などの現状の告発以外には「感傷」しかないのでは、と思っていたのだけれど、解説には「ダイビングをフィーチャーした海洋SFでもある」とありました。でも、この解説の意味はよく分かりませんでした。

「小鳥の墓」
通称ダブルE区、正式名称を教育実験都市という子供を健全に育てることに特化した街で育った「僕」は、中学部の二年になったときに勝原という生徒と同じクラスになる。この勝原にダブルE区の外に行くことを誘われた僕は、彼の誘惑に逆らうこともできたのだけれど、結局、共に外へ出かけることを選ぶのでした。

本文庫の半分以上を占める、もう中編というしかない一編です。著者の上田早夕里のデビュー長編の『火星のダークバラード』に登場するある重要な脇役の前日譚だそうですが、本書だけで独立した作品として読むことができます。

上田早夕里の作品は、どの作品もかすかに倦怠感にも似た雰囲気が漂っていると感じるのですが、本作も例外ではありません。というより、本作は特にその感じが強いと言えるでしょう。




もともとが「異形コレクション」の中に収められていた作品であるところからも分かるように、ホラーの要素も持った作品が集められています。

そのぞれの物語のSFとしてのアイディアも見事ではあるのですが、この作者の一番の魅力は、彼女の作り出す世界観にあり、その世界の中で生き生きと活動する人物造形に私は惹かれているようです。

先にも書いた倦怠感は、作り出された世界の中で生きていながらも、その世界から拒絶されている、若しくは自分から拒否している登場人物たちの、その世界に対するあきらめからくるもののようです。

「魚舟・獣舟」の主人公も海上民から陸上民としての生活を選び、惰性的な生き方をする中で幼なじみとの邂逅があり、陸上民として生きる自分を改めて見つめなおします。「小鳥の墓」の主人公はさらに明確に、自分の親、そしてダブルE区という管理社会からの脱出を図ります。

このように、そのあきらめを乗り越えて脱出を図ろうとする、その姿勢に惹かれるのだと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR