辻堂 魁 遠き潮騒 風の市兵衛19





風の市兵衛シリーズ第十七弾です。Amazonなどでは通し番号で「風の市兵衛19」となっていますが、上下二巻の作品も二冊として通し番号を振ってありますので、作品としては十七番目の作品です。



公儀小人目付役の返弥陀ノ介は、幼なじみである松山卓、寛治兄弟の家を訪れていた。卓の父辰右衛門は、船橋の了源寺の随唱という住持が、三年半前に銚子湊の務場から姿を消した卓らしき人物を見かけたらしいので、弥陀ノ介に確認に行って欲しいと言うのだった。早速旅立つ弥陀之助だったが、それには信正からの頼みを受けた市兵衛も同行することになる。

一方、深川西永代町の干鰯〆粕問屋≪下総屋≫の主人善之助が殺された事件を追う北町奉行所同心の渋井鬼三次も、犯人が銚子湊の者らしいとの話を聞き込み、銚子湊まで行くことになっていた。

銚子湊の幕府務場の改役・楢池紀八郎と、楢池の相談役を務める二木采女は、下総屋本城別店番頭の峰吉を相手に、銚子湊の顔役である侠客の五郎蔵から島竜へと縄張りを移す算段をしていた。それにはまず、五郎蔵から縄張りを譲り受けた飯岡の助五郎の縄張りを島竜のものとし、その後五郎蔵を片付けようというのだった。

務場で楢池らから卓が屏風ヶ浦の断崖から身を投げた様子を聞き、その足で卓が身を投げた場所へとむかうと、三度笠の男らに助五郎のもとへと案内される。助五郎から卓らしき男の話を聞き、翌朝、助五郎の子分の案内で卓のもとへと向かった弥陀ノ介らは、妻のお千とともにいる卓に会うのだった。



久しぶりに今シリーズを読みました。このシリーズとしては普通に面白く読んだ物語でした。可もなく不可もなくと言い換えていいのかもしれません。

ただ、このシリーズの雰囲気が、本書は特に、物語として厚みが無くなってきている感じがします。物語が、語りものとして、感傷面だけをあおるものになると、人間描写が置き忘れられた中身のないお話に堕しかねません。

本書では、物語の中心になる弥陀之助自体の活躍も、勿論市兵衛の活躍もあまり無く、弥陀ノ介らは卓の消息を単にたどるだけであり、弥陀之助も、同行している市兵衛も事態の流れに身をまかせているだけです。

流れに身をまかせた結果、卓に会い、無計画な楢池や二木の襲撃を撃退しているのであって、弥陀ノ介や市兵衛らの存在が感じにくいのは残念でした。

それは、五郎蔵や飯岡の助五郎といった講談『天保水滸伝』に出てくる実在の人物を登場させているにも拘らず、こちらも印象が中途半端に終わっていると感じるのと同様だと思われます。

今回はかなり辛口なことを書きました。繰り返しますが、物語として面白くない、と言い切っているわけではありません。面白さはあるのですが、少々厚みのない物語になりそうな危惧を感じたため、今最も好きなシリーズの一つであるからこそ書いた次第です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR