FC2ブログ

米澤 穂信 さよなら妖精




王とサーカス』、『真実の10メートル手前』で活躍したジャーナリスト、太刀洗万智が物語に初めて登場する、長編の青春ミステリー小説です。

本書での太刀洗万智は未だ高校生です。しかし、既に彼女の特徴であるクールな雰囲気は既に身にまとっており、鋭い洞察力も備えています。

本書は、守屋路行という高校生の視点で全編が語られています。太刀洗万智は守屋の同級生であり、ある雨の日に二人で歩いているときに一人の少女と出会ったことからこの物語は始まるのです。



「序章」では一九九二年の七月に守屋と同級生の白河が日記などの資料を持ち寄って、マーヤが帰っていったのはユーゴスラビアを構成するの六つの国のどこなのかを見つけようとしています。

第一章「仮面と道標」では一年前に戻り、守屋らとマーヤとの出会い、そして守屋らの弓を引く姿や、本書の舞台である藤柴の町を見て回り日本の文化に触れるマーヤが描かれています。

第二章「キメラの死」では、戦火がひどくなるユーゴスラビアの現状を勉強する守屋と彼に祖国のことを説明するマーヤがいて、ふた月という時間を経て、皆の心に強烈な印象を残しつつユーゴスラビアへと帰っていくマーヤの姿が描かれています。

第三章ではその一年後の「今」に戻り、マーヤの帰っていった国を探す場面へと戻り、太刀洗万智が登場し、すべての秘密を明かすのです。

「終章」では守屋と太刀洗の二人の想いを馳せる姿で締められます。


本書は、何らかの事件が起きて、それを探偵役の登場人物がその事件に伴う謎を遠き明かすという、普通の推理小説とは異なります。外国人の娘が、私たち日本人の普通の生活の姿に感じた疑問を、彼女が何をもって疑問に感じたのか、を謎として設定してその謎を解いていくのです。

その上で、本書全体として、マーヤの故郷は、六カ国からなるユーゴスラビア連邦のどの国なのかを推理する、という大きな謎が設けられています。

そして、推理小説としての一面とは別に、ユーゴスラビアという異国で起きた戦火に想いを馳せる、平和な日本で暮らす高校生の青春小説としての一面をも持っています。



この作家の論理を積み重ねて提示される謎を解き明かす手法そのものは、いわゆる本格派の推理小説の手法であり、決して私の好みではないのですが、この作家の紡ぎ出す物語自体には非常に惹かれるものを感じます。

そうした苦手ではあるのだけれど惹かれる、という印象を一番感じたのは『折れた竜骨』ですが、『インシテミル』などの他の作品でも多かれ少なかれ似たような印象を持ったものです。それは、謎ときの要素を抜きにしても物語作家としての力量が素晴らしいことを物語っているのでしょう。

そうした物語の語り手としての力量は、この作者のデビュー作である『氷菓』でもそうなのですが、青春小説の描き手としても同様であり、現実の高校生にはいないと思われそうな登場人物ではあっても、何故か物語に惹きつけられていくのです。



本書では、マーヤのユーゴスラビアでのとある一日を描いた短編『花冠の日』が添えられています。私は単行本で読んだのですが、単行本にもこの短編が収納されていました。

改めてこの作者のうまさ、を感じる小説でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログを拝見しました

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で100ページくらい。全国に約120人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR