佐伯 泰英 大晦り 新・酔いどれ小籐次(七)




新・酔いどれ小籐次シリーズの第七弾です。

前巻で、盗まれた「らくだ」を取り戻しに行った際に落馬して腰を強打し、久慈屋夫妻とともにおりょうを連れての熱海の湯治ですっかり元気になった小藤次です。



師走のある日、魚河岸の北にある瀬戸物町で火事があり、娘が一人行方不明になっているという。小藤次がいつものように久慈屋での砥ぎ仕事を終えると、老中青山忠裕の密偵おしんが、瀬戸物町の火元で得ある飛脚問屋熊野屋太兵衛の跡地で待っている密偵の中田新八のもとへと連れていく。

彼らの話によると、この焼け跡から二人の焼死体が出ており、その二人は御庭番であって何者かに喉を断ち切られていたと告げる。そして、行方不明の娘は熊野屋の火付けを目撃し、攫われたのではないかというのだった。

そこに、何者かが近づいている気配に二人が身を隠したところ、十数人の不審者が敷地内へと入ってきた。しかし、赤目小藤次の名前を聞くと何も言わずに退却したのだった。

九十年前の八代将軍吉宗の時代に御庭番家筋十七家が定められ、うち四家が追放され、新たに別家六家が加わって今は十九家となっていることなどの、御庭番の表面上の来歴しかできない二人に、小藤次は二人が仕える老中の青山忠裕にこの事件の背後にある詳しい話を聞くのだった。



今回の小藤次の物語はかなり読み応えがあるものでした。というのも、ある飛脚屋の出火と、それに絡むであろう一人の少女の行方不明という出来事が、老中をも巻き込んだ伝奇小説的な色合いを持った作品として仕上がっているからだと思われます。

そうした展開のもと、小藤次が一人の娘の命を助けるその一点で、自らの、そして家族の命をも賭けて奔走するという、痛快時代劇の王道とも言えそうな物語展開になっているのです。

やはり、物語の筋立てがきちんと組み立てられている話は面白い、そう思わせられた物語でした。

また、今回は火付盗賊改という新たな人物が登場するのですが、今回の物語では殆ど顔見せ状態でその活躍もありませんでした。ということは、彼らが今後の小藤次の物語で敵対する組織として相応の見せ場を設けてくれるのではないか、という期待を持たせてくれます。

いまのところ佐伯泰英の描く時代小説シリーズの中では私の好みに一番合致しているシリーズです。より一層の活躍を期待したいものです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR