FC2ブログ

辻堂 魁 架け橋 風の市兵衛20





風の市兵衛シリーズ第十八作目の作品です。


いつもの仲間が「喜楽亭」で市兵衛の婿入りの話で盛り上がっていたところに、口入屋の矢籐太が相模の須賀湊の廻船問屋弓月の主である七衛門とその息子を連れてきた。

七衛門が預かってきていた手紙にはただ一言≪青≫との一文字だけがあり、同時に「助けてほしい。弥陀ノ介には言うな」との市兵衛の伝言もあった。七衛門と共に須賀湊へに着いた市兵衛は青に会うが、彼女のお腹が大きくなっていたのだった。

弥陀ノ介のもとを逃げ出した青は品川宿へと流れ、ある人の世話で上方の廻船で向かっている途中に大西風に会い難破し、海賊に拾われたが、そこで一人を斬って逃げだしたという。

しかし、青に弟を殺された海賊の首領の東雲お国は、弟の敵の青への復讐のために青を捜し回っているのだった。



本書では、市兵衛らが乗り込む廻船問屋弓月の五大力船や、海族の乗る、帆走・漕走併用の小型の高速船である押送船(おしょくりぶね)が物語の随所で使われています。

今回の物語の豆知識としては、大坂と江戸とを結ぶ船便の弁財船と呼ばれる大型木造帆船や、五大力船という関東近辺の海運に用いられた海川両用の廻船について説明ということになります。

そして、本書の一番の見どころとしては、返弥陀之助と恋仲になったものの忽然と行方不明となった異国の殺し屋“青”の再登場という点にあるでしょう。

まず、弁財衆が恐れる「大西風」という大時化にあった千五百石積二十五反帆の八幡丸に乗る十五人の水主(かこ)と数人の旅客のうち、“青”のみが助かるという実に都合のいい偶然から話は始まりますが、いつもの通り、こうしたことは痛快小説の決まり事として読み飛ばします。

その後、青を助けるために須賀湊まで来た市兵衛と青との、五大力船と押し送り船での海賊との闘いが本書の一つの見せ場となっています。

また、それとは別に、本書では市兵衛の結婚話がサイドストーリー的に組み込まれています。今回は婿入りの話なので、もしまとまれば今後の話の展開がかなり異なってくるだろうし、それはそれでまた面白いだろうと思っていました。

このシリーズもこの頃何となく物語の面白さが普通の痛快時代小説のレベルに近くなってきた、と思っていたのですが、今回は若干盛り返したような気がします。

やはり、それは“青”の登場するところによるのでしょうし、そうであるのならば、今後のこの物語の展開も面白くなるだろうと期待したいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR