原田 マハ たゆたえども沈まず




原田マハという作家は、ピカソを始め、ルソーやピアズリーなど、いろんな画家をテーマに作品を書かれています。そして今回はフィンセント・ファン・ゴッホの物語です。2018年本屋大賞のノミネート作品でもあります。

タイトルの「たゆたえども沈まず」とは、パリ市の紋章にある標語であり、強い風に揺れはしても、沈むことはない、という船乗りの言葉に由来するそうです。パリの真ん中を流れるセーヌ川の氾濫に悩まされていた人々は、如何に苦しくてもやがては立ち上がるのです。また、ヨーロッパの戦乱の歴史の中に翻弄されてきたパリの姿を現しているのだとも言います。

フィンセント・ファン・ゴッホといえば、「ひまわり」や「いとすぎ」をモチーフとした作品を想い浮かべますが、また日本の浮世絵から触発された部分が大きいという話も聞いていました。

本作は、そうした日本の浮世絵とゴッホの関わりも含めた、林忠正と加納重吉という二人の日本人画商と、フィンセント・ファン・ゴッホ、そして彼の弟のテオドルス・ファン・ゴッホとの物語です。

このうち、加納重吉だけは架空の人物です。多分、実在した林忠正という人物と特に弟のテオドルス・ファン・ゴッホ即ちテオとの間をつなぐ役として配置されたのだろうと思います。



故郷デンマークで、テオは子供のころから兄を慕い、兄のあとを追いかけて育ってきました。その兄が一足先にハーグのグーピル商会勤め、その後を追うようにテオもグーピル商会に勤めるようになりますが、兄フィンセントは仕事をやめ、テオはパリのグーピル商会の支店に勤務するようになります。

当時はまだ古典的なアカデミーの絵画が重視されていますが、時代はドガやモネといったいわゆる印象派と呼ばれる作家たちの画に注目が集まりつつありました。

そうした時代、ジャポニスムと呼ばれるブームのなか、日本の浮世絵が人気を博し各方面において多大な影響を与えていました。日本人画商の林忠正は、異国フランスのパリで日本の美術を異国に紹介していたのです。

そこに日本から加納重吉という男が林のもとにやってきます。何も分からない重吉でしたが、浮世絵を通してグーピル商会の責任者であるテオと出会い、のちにフィンセントの画に魅せられていくのでした。



本書も歴史小説と同じで、過去の事実と虚構とがないまぜになっています。どこまでが事実でどこからが虚構なのか、調べながら読み進めるのも面白いかもしれません。しかし、虚構ではあっても、登場人物のゴッホという画家に対する思いは熱く伝わってきます。

特にテオの兄フィンセントへの自分の分身に対するような、憎悪と愛情の交錯は、作者の想像とはいえ真に迫り、読む者の胸を打ちます。

そうした登場人物たちの織りなす人間模様も見どころですが、更には、当時のパリのブルジョアジーの絵画に対する認識や、浮世絵が当時の西洋絵画に与えた影響など、絵画に無知な読者にもわかりやすく描いてあり読み応えがあります。


しかし個人的な好みとしては、第155回直木賞候補にもなった『暗幕のゲルニカ』に軍配を上げたいと思います。ミステリー仕立てであり、エンタメ小説としての完成度は高かったと思うのです。ひとつには、「ゲルニカ」という作品の持つ社会的な意味が、作品自体にも力強さを与えているのかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR