FC2ブログ

金子 成人 付添い屋・六平太 麒麟の巻 評判娘




付添い屋六平太シリーズの第八弾です。

第一話 大根河岸
青物問屋「加島屋」の主人・幸之助から下赤塚にある富士塚までの付添いを頼まれた六平太は、片道四里半(18キロ)を同行することになった。ここ三、四年、幸之助は道中で体調を崩してしまうというのだ。
第二話 木戸送り
六平太が稽古に通う四谷の相良道場に、常陸国笠松藩石川對馬守下屋敷の使い方、横田邦士郎が助けを求めて駆け込んだ。屋敷内で喧嘩から刃傷沙汰を起こした邦士郎は、なんとか無事外に逃がしてほしいと懇願する。
第三話 評判娘
六平太がなにかと世話を焼いている博江が、「当世 評判女」に東の前頭八枚目で番付入りした。物見高い男たちが勤め先の代書屋へやってくることに、武家出身の未亡人である博江は戸惑っていた。
第四話 二十六夜
妹佐和の夫音吉から付添いの相談を受けた六平太は鉄砲洲にいた。音吉の幼なじみ巳之助は、四年前に人を殺めた罪で遠島となっていたが、恩赦で江戸に戻ってくるという。音吉は巳之助が復讐に向かうことを恐れていた。(「内容紹介」より)


約一年半ぶりにこのシリーズ作品を読みました。久しぶりに読むことでかなり客観的な読み方になっていると思われます。

というのも、以前からこのシリーズは活劇小説というよりは人情物語としての側面の方が強いという印象だったのですが、本作を読んで改めて人情話だとの思いを強くしたからです。

第一話からして、六平太の物語ではなく、まったく青物問屋「加島屋」の主人の話に尽きます。富士講に行く幸之助が必ず数日間は体調を崩すため、心配した家族が主の付き添いを頼んできたのですが、案の定、主人は一人でどこかに消え、六平太には家族には内緒にするように頼むのでした。その裏には、主人幸之助の秘密が隠されていたのです。

本書に収められている四つの話はそれぞれに独立していて、第二話は六平太の剣術がメインの話になります。ただこの話に出てくる石川對馬守家剣術指南役の唐沢信兵衛が、残りの三話に顔を見せ、六平太との勝負を挑んでくるのです。

第三話は「当世 評判女」という江戸の町の良い女番付に振り回される長屋の男どもや、この番付に載った博江の困惑、それとは別に、六平太がいつも世話になっている木場の材木商「飛騨屋」の娘登世につきまとう男の物語という人情話です。

そして第四話は、六平太の妹佐和の夫音吉が、恩赦で戻ってくる島帰りということになる、幼なじみの巳之助をめぐる人情話です。

第二話以外は、六平太がいなくても成立しそうな話であり、六平太自らが絡んでくる第二話だけが六平太の剣の冴えが見どころになっているのです。

唐沢信兵衛という男との闘いが第四話で語られますが、第四話の話とは直接には関係の話ではあるものの、そこは連作短編シリーズものの強みであり、面白いところでしょう。

ともあれ、久しぶりに読んだこの物語は、時代小説として抜きんでている、とまではいかないものの、水準以上の大白さがあると思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR