原 尞 そして夜は甦る





極端な寡作家で知られる原尞の、強烈なインパクトを残したデビュー作の、長編のハードボイルド小説です。

原尞の新刊『それまでの明日』が出たことに驚いていたところ、伝説のデビュー作が、新たにハヤカワ・ポケット・ミステリから刊行されました。図書館で新刊コーナーに置かれたところだったのですが、誰も借りようとはしないみたいで楽に借りることができました。



私立探偵の澤﨑の事務所に海部と名乗る男が佐伯というルポライターについて聞いてきた。しかし、結局二十万円を置いて出ていってしまう。

その直後に美術評論家の更科修蔵の代理人弁護士の韮塚という弁護士から、佐伯というルポライターを知っているなら明日更科氏の邸まで来てほしいという電話が入った。

翌日、更科氏の邸まで行くと、更科修蔵の娘の佐伯名緒子から佐伯というルポライターを探して欲しいという依頼を受けることになった。



冒頭の澤﨑の事務所での場面で残されたのは、テーブルの上の金の入った封筒と、静かに漂う紫煙と「タバコをありがとう。口は悪いが、タバコの趣味は悪くない。」との海部の言葉でした。この場面だけで王道のハードボイルド小説だと分かり、そして読者はこの物語に惹きこまれます。

この冒頭の場面だけで、すぐにチャンドラーの作品を思い出してしまいました。雰囲気そのものがチャンドラーであるのと同時に、探偵が大富豪の家へ行き、そこで一人の女性と出会うという場面もチャンドラーで読んだ気がしたのです。読後に調べると多分チャンドラーの『大いなる眠り』だと思われます。


本書のプロットはかなり複雑です。登場人物もかなりの数にのぼり、誰がどのような役割を担っていたのかが分かりにくくさえなります。それでも、一つずつ謎が明らかにされていくにつれ、更に物語に引き込まれていくのです。

なにより、ハードボイルドの一番の魅力である主人公の性格設定が、まさにハードボイルドであり、探偵としての、また一人の男としての筋を強烈に持っていて、魅せられます。

ハードボイルドとしては必須の小道具も、両切りの“ピース”という渋いタバコです。今では知らない人も多そうな銘柄ですが、そもそも嫌煙運動華やかな現代では受け入れられないかもしれません。



私立探偵である澤﨑としては、公権力の利用ができれば実に便利であり、その協力者的立場にいるのが新宿警察署の捜査課にいる錦織警部です。ルパン三世の銭形警部を彷彿とさせるこのキャラクタ―もまた本書の魅力に一役買っています。

また、本書に関しては、ハヤカワ・ポケット・ミステリという世界的な叢書から出るということも見どころです。ハヤカワ・ポケット・ミステリ自体、 世界のミステリー作品を紹介している叢書であり、中学・高校時代に大人の本という印象を持っていた記憶があります。たしか、この叢書のSF版もあったはずですが、それはまた別の話でした。

勿論、文庫版も出ており、ハヤカワ・ポケット・ミステリへの思い入れのない人は文庫版のほうがいいと思われます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR