金子 成人 付添い屋・六平太 獏の巻 嘘つき女




付添い屋六平太シリーズの第九弾です。

第一話 犬神憑き
付添い屋の秋月六平太は、北町奉行所の同心・矢島新九郎から「打ち首獄門にかけられる罪人の、市中引き廻しに同道していただきたい」と依頼される。隠れ家を密告され捕らわれた兇盗・五郎兵衛は、奪った金五百両の隠し場所を、打ち首と決まっても白状せずにいた。五郎兵衛は、死の直前、不思議な言葉を六平太に告げる。
第二話 宿下がりの女
新川の味噌屋「出羽屋」の娘・寿美は、つい最近、奉公していた武家屋敷から宿下がりをした。その直後から、編笠を被った侍に付け狙われるようになったという。寿美は、側室と家臣の密通をはからずも目撃してしまっていた。
第三話 となりの神様
六平太は鰻屋「兼定」の主人定松から、店で無銭飲食をしたまま出ていった亀助という男の居所を調べてほしいと依頼させる。亀助はどこの店に行っても金を払わない。だが、彼が長く滞在する店は必ず繁盛するというのだ。
第四話 嘘つき女
代書屋「斉賀屋」に勤める博江に呼び出された六平太は、ある少女が代筆を依頼した不穏な手紙の内容について相談される。一方、市中引き廻しとなった兇盗・五郎兵衛の一味の者たちが、六平太の身辺をうろつきはじめる。


今回は、まさに六平太の活躍が目立つ物語です。

第一話「犬神憑き」では、罪人の市中引き回しの付添いという、普通ではありえない依頼があります。そこは、普段付き合いのある同心の矢島からの依頼ということであまり突っ込むところではないのでしょう。

その上で、この話の「犬神憑き」というタイトルのもとともなった長屋の騒動などを織り込みながら、もう一つの意味でもある、「犬神」という二つ名の五郎蔵という盗賊が、打ち首前に、六平太にある言葉を言い残し、死んでいくのです。

第二話も、側室の秘密を見てしまったがために襲われる武家屋敷に奉公していた娘の付添いという、用心棒稼業の六平太ならではの物語です。

第三話は、ある種のファンタジーであり、本書の息抜き的な話になっていて、その男が店に来ると繁盛するという噂の男の物語です。剣戟の場面はなく、ほっこりとする人情話になっています。

そして、第四話は、博江に代筆を頼んだ娘に絡んだ人情話です。この話もほんのり心があたたかくなる話です。

その上で、第一話で語られた犬神の五郎蔵という盗賊が隠したと思われる金をめぐり、五郎蔵の残された子分たちが各話で入れ代わり六平太の前に現れ、五郎蔵の最後の言葉を探り出そうとします。

そして、第四話でほっこりする人情話と共に、五郎蔵の残した金をめぐる捕物が展開され、本書全体を通して五郎蔵に絡む金にまつわる物語が語られるのです。

そしてもう一点、行方不明となっていた、六平太の女だったおりくについての話が、少しずつではありますが語られます。今では博江という新たなヒロインと思われる女性が登場しているものの、おりくが再び登場するのであれば、六平太をめぐる色恋の話が繰り広げられることになるのかも知れません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR