FC2ブログ

朝井 まかて 恋歌

恋歌恋歌
(2013/08/22)
朝井 まかて

商品詳細を見る

明治期の歌人中島歌子の物語です。

中島歌子は、三宅花圃(かほ)、樋口一葉らの師であり、「萩の舎」を主宰していた歌人だそうです。その名前だけは聞いたことがあったのですが、樋口一葉の師だったとは知りませんでした。

彼女の嫁ぎ先が水戸の藩士であり、更にその夫が天狗党の乱に加担したため自身も獄に繋がれたそうで、その間やその後のことを作者なりの解釈を施し、脚色を加えた物語です。

先に述べた三宅花圃が語り部となって、歌子の女中であった澄と共に歌子の手記を読む、という体裁で話は進みます。その文章の格調が高く、随所に挟まれる短歌と共にこの作品全体の雰囲気を決定ずけています。

気丈で気位が高く、奔放さをもつ歌子。その生涯が落ち着いた、品格を保った文体で語られていながら、最後まで物語としての興を残しながら読者を引きつけ、そして歌子の想いが語られるのです。「恋歌(れんか)」という表題が読後に心の底に落ち着きました。

一方、明治維新時の時代の動きを水戸藩という、今までとは異なった視点から描写している、という観点でも面白く読みました。水戸藩内部の抗争など、今まで読んだ本では少ししか触れられていなかった点が、水戸藩の視点で語られる点は新鮮だったのです。

じっくりと読ませられたひと時でした。こうした作家を知った時に本好きの幸せを感じるし、そういう幸せを感じた作品との出会いでした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR