FC2ブログ

辻堂 魁 花ふぶき 日暮し同心始末帖2





先日、大阪で大きな地震が起きてしまいました。二年前の熊本地震のとき、ガスの復旧に駆けつけてくれたのが大阪ガスの人たちだったと覚えています。雨の中を一生懸命に各戸の点検をし、復旧作業に勤めてくれている姿には感謝しかありませんでした。

いま、私個人としては何も恩返しはできません。ただ再度の地震がないことを祈るばかりです。二年前も地震の後大雨になりました。今回も大雨になりました。被災地の方々の無事をと願います。



ところで本書。

日暮し同心始末帖シリーズの第二弾です。

序 春の雪
橋場の渡しをすぎた隅田川で、公儀勘定吟味役阿部勘解由の子息伝一郎がさらわれ、娘義太夫楓染之助と船頭だけが残されるという事件が起きます。

第一話 送り錬
神田豊島町の藁店の黒雲亭という寄席にでている女義太夫が人気で、熱狂した客の送り連が増え、中でも部屋住みが集まった「飛龍魔連」はたちが悪く、柳原堤で起きている物乞いらに斬りつける「一、十、万」と叫ぶ一団は、「飛、龍、魔」と叫んでいるのだろうというのでした。

第二話 古着
龍平は、阿部伝一郎誘拐の探索を目じられ、伝一郎の着物が古着屋に出ていることをつきとめた宮三でした。果して古着を売った物乞いの熊造の住まいに伝一郎がいたのです。その熊三は話を持ちかけてきた男の住まいを知っているというのでした。

第三話 娘浄瑠璃
龍平のもとを訪ねてきた阿部家の足軽の高田兆次郎は、銀座屋敷の吉右衛門という見張座人が殺された事件について話し、伝一郎誘拐と吉右衛門殺害とは十二年前の茂七一家の事件とつながっているというのでした。

桔 花吹雪の杜
伝一郎誘拐のその後の処理が語られ、向島の隅田堤花見へと繰り出した龍平一家の姿がありました。


シリーズ第二弾の本書から、第一弾『はぐれ烏』で感じた色合いとは異なる雰囲気の物語となっていました。

前巻『はぐれ烏 日暮し同心始末帖』では、第一話、第二話と人情話の側面が強い物語でしたが、本書からは物語自体の世界観からして少し異なっているように思います。

物語の構成として三話からなり、その前後に「序」と「桔」が記されている点は同じです。ただ、第一巻ではそれぞれの話は一応話は独立した短編だったのですが、本書ではそうではありません。

「序」で起きた事柄が全編を通した解き明かされるべき事件となっています。その上で、その事件に絡みつつ、一つの解決されるべき事件が個別に設定されているのです。

第一巻の人情話的な物語から、一点、恨みを抱えた人物の復讐譚へと変化しています。それも単なる復讐譚ではなく、ただ理不尽な権力の前に耐えるしかなかった弱者の、どちらかというと怨念に近い心情の描写へと変化しているようです。

だからと言って暗いだとか、重いとかいう印象とは異なります。ただ、耐えるしかなかった弱者の悲哀を前面に押し出し、その悲哀を前に日暮龍平がいかに関わっていくか、が焦点となっています。

この作者のもう一つのシリーズ『夜叉萬同心シリーズ』ほどではありませんが、人間の哀切、切なさといった負の感情を、追い掛けている物語となっています。そこに龍平の剣が一つの救いとして登場しているのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR