辻村 深月 かがみの孤城





2018年の本屋大賞を受賞した、いろいろな要素の詰まったファンタジー小説です。



中学一年生のこころは学校どころか、外に出ることもできずに自分の部屋に閉じこもっていた。ある日、部屋にある姿見の鏡が激しく光り、鏡に手を触れたこころは鏡に吸い込まれてしまう。

現れたのは城の中であり、狼のお面をかぶった少女のほか六人の子供たちがいた。彼らも誰が何のためにこの場所に連れてきたのかは分からず、ただ、“オオカミさま”と呼ばれている狼の面の少女の言葉を聞くだけだった。

“オオカミさま”は、今日から三月の三十日までの間に「願いの鍵」を探し出し、その鍵で「願いの部屋」に入った一人だけにどんな願いも叶えてやるというのだった。ただ、城が開くのは毎日朝九時から夕方五時までであり、その後まで城に残っていると連帯責任で狼に食われるなどの制約だけがあった。



この本は、実に贅沢な本でした。というのも、読み手により様々な読み方ができる作品になっているということです。それは読み手の経験、物語の好み、更には、読書のときの読み方によっても変わってくると思えるのです。

そうしたことは読書という事柄の性質上ある程度は普通のことではありますが、本書の場合、作品の内容自体が様々な読み方ができる内容だと思うのです。


まずはファンタジーとして、実に面白く読むことができました。異世界に入り、自由に過ごすことができる空間を確保し、皆と仲良く過ごすことができる場所を、中学生のこころは楽しんでいます。

異世界と時間的な制約はあっても、自由に行き来でき、引きこもりという現実世界と、数は少なくても、友達と呼べる仲間と仲良く会話ができる異世界とをうまくつないでいくこの物語は、エンターテインメント小説としての面白さを十分持った物語でした。


もう一つは、いじめに押しつぶされそうになっている子供たちへ思いを馳せることができる作品だということです。

クラスで始まった無視、浴びせられる雑言、執拗な嫌がらせなどの仕打ちは、いじめを受けている子供にとっては自分の住む世界からの攻撃であり、学校だけではなく、家から、若しくは自分の部屋から出ることすらできなくなってしまうのでしょう。

そこに学校の先生らの間違った対処が加わると、遺体は一層悪化するという話はよく聞くことです。

そうした自分の居場所を無くした子供たちの心の動きを教えてくれる作品でもありました。多分ではありますが、作者の取材の末に書かれたであろうこの小説に描かれている子供たちの現実、そして心の動きは、ある程度事実に即したところもあるではないでしょうか。


そして最後にミステリー的な要素をも持っているということです。

こころたちが招待されたお城とは何なのか、“オオカミさま”とはいったいどういう存在なのか。そして、秘密の部屋やそこに入る秘密の鍵はどこにあるのか、本書の始めから貼られている伏線が回収されていき、本書のクライマックスで一気に、それも二段階の仕組みが明らかにされる過程は快感でもあります。

この、ミステリー要素だけをとってもかなり面白い小説です。それ以外のファンタジーや、いじめを受けている子供たちへの思いなどの要素を抜きにしても、よく考えられている小説だと言わざるを得ません。



勿論、上記の要素があいまっての本書ですから、どれか一つだけを取り上げて読むということではありません。それでもなお、いろんな要素が盛り込まれている本書だからこそ、読み手により様々な読み方ができる作品だと思うのです。

本屋大賞受賞作の名に値する、実に面白い作品でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR