FC2ブログ

田牧 大和 鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙(二)





鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙シリーズの第二弾の長編の人情時代小説です。

当然の話ですが、本書でもあいも変わらずに猫のサバが幅を利かせ、飼い主である青井亭拾楽を顎で使っています。

本書での焦点は、義賊「黒ひょっとこ」の偽物が現れたことでしょう。

それを気にした本物の「黒ひょっとこ」のまわりがなにかと気ぜわしく、偽物の動きを無視しようとしている本ものの「黒ひょっとこ」も我関せずでは済まない状態になっています。

その偽黒ひょっとこの動きを縦軸に、鯖猫長屋の住人の減少に伴う取り壊しを阻止すべく、サバを中心に、涼太という新しい住人の見当をつけたり、鯖猫長屋の新しい持主として、紅白粉問屋「白妙屋」の忠右衛門が現れたり(其の一 色男、来たる)、偽黒ひょっとこの投げ込んだお金で吉原に入り浸り、母親の薬料までつぎ込む男が出てきたり(其の二 戯作者、憑かれる)という話が展開します。

また、鯖猫長屋の住人の小間物屋の清吉が仕入れてきた小間物の中にあった翡翠の玉をめぐる騒動があり(其の三 猫書き、預かる)、北町同心の掛井十四郎くわわった偽黒ひょっとことの対決があったり(其の四 縞三毛、世話を焼く)と、拾楽もサバも大忙しです。

物語自体としては決して私の好みではありません。サバという猫を中心に、あやかしが現れ、ファンタジックな展開を見せることは全く問題は無いのですが、物語の運び自体が決して練り上げられた物語という印象がしない点が納得できないのです。

特に「其の三 猫書き、預かる」の話は、翡翠の玉が清吉の仕入れた物の中に入ったいきさつや、翡翠を探しに訪れた春蔵や廻船問屋の手代の三吉の登場が突然で、いくらファンタジーだとしても物語として乱暴です。

何よりも、本書全体の物語である偽黒ひょっとこの行動の動機が納得できるものではなく、どうしても物語に馴染めないままに読み終えてしまいました。

田牧大和という作者自体はかなり好きな作家さんなので、もうこのシリーズは読まないとまではいきませんが、できればもう少し趣きの変わった作品を期待したいものです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR