FC2ブログ

辻堂 魁 修羅の契り 風の市兵衛 弐





近頃体調があまりよろしく無く、本は読んでいてもそれを起こすまでには至りませんでした。今後も間はあくと思いますが、よろしくお願いします。



本書は、『風の市兵衛』新シリーズの第二弾です。

前巻で、南町奉行所臨時廻り方掛の宍戸梅吉が率いる捕り方の手から逃げおおせた殺し人の元締めの多見蔵は、信夫平八の仇である紺屋町の文六とその女房お糸を殺害すべく、別な殺し人に依頼します(序章 六道の辻)。

市兵衛自身は、自分が手に掛けた信夫平八の二人の子、小弥太と織江をつれ、新しい住まいへと移り住んでいました。

また、新しい生活のために渡り用人として家禄千二百石の旗本・大久保東馬に仕えることとなります。しかし、そこには用人の大木駒五郎という人物がすでにおり、市兵衛は大木の使い走りをさせられるだけでした(第一話 土もの店)。

一方、信夫平八と由衣の出奔する原因を作った宝蔵家の三男であった竜左衛門は、江戸でヤクザの用心棒をして糊口をしのいでいました。そこに平八と由衣の子らの消息を知り、仕返しをすると決意します。

その頃、大久保家から暇を出された市兵衛は、小弥太と織江とが行方不明になっていることを知るのです(第二章 仕かえし)。



前巻でシリーズも新しくなり、市兵衛の過去につながる話が展開されるものかと思っていたところ、少なくとも本書においてはそうしたことにはなりませんでした。

「第二章 仕かえし」までは、市兵衛が渡り用人として仕えた大久保家での出来事が中心となって展開します。

この大久保家での出来事はこの物語のメインストーリーではないのですが、市兵衛の優しげな風貌から市兵衛を軽んじる大久保とこの大久保家を食い物にしている大木とのやり取りが結構面白いのです。また、市兵衛本来の用人としての顔が非常に頼もしく、面白い展開になっています。

その後、小弥太と織江とをめぐる話となっていくのですが、そこに多見蔵と文六親分との確執、それに竜左衛門と信夫平八と由衣との物語が絡んでいきます。



このように、本書では色々な話が入り組んでいます。大きくは大久保家での市兵衛、そして信夫平八関係の話という二本の柱があります。大久保家での市兵衛の話だけは他から切り離して、これだけで一編の物語ができるのではないかと思うほどです。

この信夫平八関係の物語として、竜左衛門と信夫平八と由衣との物語があり、さらに文六親分と多見蔵の意を受けた三兄弟との話、それに、多見蔵と市兵衛との信夫平八をはさんだ確執という流れがあります。



この物語を終え、市兵衛は再び一人になります。今後どのような展開になっていくのか、再び吉野の一族が登場し、市兵衛が自分の過去と向き合う話になるものなのか全く分かりません。

今後の展開を楽しみに待ちたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

地震、大雨、猛暑、台風と
近頃、安心できませんね

暑中お見舞い申し上げます。
お体お大事にご養生ください。

Re: No title

コメントありがとうございます。

本当に、近頃の天候は異常ですね。
台風まで変な動きにもなるし・・・・

わが郷土熊本も地震や大雨で大変でしたが、
今や日本全国どこも一様に安心できないようです。

私個人的には持病の悪化もあり、少々つらい日々です。

そんな中、お気遣いいただき本当にありがとうございます。
とく たまさんも、くれぐれも健康には留意されてお過ごしください。

本当にありがとうございました。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR