FC2ブログ

今野 敏 任侠浴場




『任侠書房』『任侠学園』『任侠病院』と続いてきた、今野敏の大人気任侠シリーズ第四弾です。

今さら言うまでもないのですが、ヤクザが色々なつぶれかかった事業に手を貸し、これを再生してきたこのシリーズですが、今回は文字通り銭湯を舞台にした物語になっています。

端的に言うと、これまでのシリーズの中では一番面白くありませんでした。


話はいつもの通り、持ち込まれた銭湯経営の話に興味を示した阿岐本雄蔵が、代貸日村らを使い潰れかかっていた銭湯経営を立て直すというものです。

本書が他の作品と異なる点といえば、他の三作品に比べ、組長の阿岐本雄蔵自身が乗り出す場面が多いというところでしょう。阿岐本組長の人脈の広さ、知識の深さをフルに活用し、銭湯経営の障害となる事柄をひとつずつ排除していくのです。


それはこのシリーズの特徴でもある心地よさにも繋がるのですが、一方ではあまりに都合がよすぎるという側面も有しています。

ひとつだけ例を挙げると、銭湯経営者の家族の問題が銭湯経営の大きな障害となっていると見抜いた阿岐本組長の指示で、阿岐本組の地元の女子高生を手伝いに呼び寄せ、その子に関心を示した経営者の息子の力を借りることに成功しますが、これなどうまくいきすぎる話の典型でしょう。

年頃の男子高校生が可愛い女子高生に関心を示すことは確かに大いにあることでしょうが、だからと言ってそれまで全く手伝いもしていなかった銭湯の掃除などをやり始めるなど、出来すぎです。


このような疑問点は他にも少なからずありますが、それでもなお、阿岐本組長の話はどこか心に沁みる点があるのも事実です。だからと言っていいものか、話の都合のよささえもユーモア小説の常として無視して読み続けることにそれほどの違和感を感じなくなります。


ただ、本書が一番面白くなかった、という理由は他にあります。それは、銭湯経営の立て直しの方法がこれまでの作品に比してかなり安易に感じられる、という点です。

詳しくは読んでもらうしかないのですが、阿岐本組長の指示通りにすべて展開したとしても、銭湯経営を立て直すことが本当にできるのかという根本的な疑問が残るのです。


とはえいえ、それでもなお、本書は面白い作品ではあります。面白くないというのは他の三作品に比してという話であり、今野敏のユーモア小説としてやはり面白い作品であることに違いはないのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR