FC2ブログ

本城 雅人 傍流の記者





プロローグ / 第一話 敗者の行進 / 第二話 逆転の仮説 / 第三話 疲弊部隊 / 第四話 選抜の基準 / 第五話 人事の風 / 第六話 記憶の固執 / エピローグ 


本書は、第159回直木賞の候補となった作品です。

第一話は警視庁キャップの植島昌志、第二話は調査報道班キャップの名雲、第三話は司法キャップの図師、第四話は遊軍キャップだった城所、第五話は国税庁担当の土肥、第六話では人事部の北川友介の姿が描かれます。


本書に書かれている記者たちの姿は実にリアリティに富んでいます。事実、著者自身が元記者であり、第一話「敗者の行進」でのエピソードが著者自身の経験をもとに書かれているのだそうです。

その現実感、迫真性の上に成立している本書は、プロローグとエピローグを除き、六人の同期の視点で、六つの話が語られています。その上で各話は連続していくのであり、全体で一編の物語を仕上げています。



五人の個性の異なる記者を、出世争いの中で一人抜け出した北川という男を中心に描き出しているこの物語は、ミステリーではありませんが、貼られた伏線を最後に回収するその手法は、ミステリーに似ています。


本書は新聞記者を主人公とする小説です。しかし、新聞記者を主人公とする多くの小説がそうであるように、「表現の自由」や「報道の自由」といった社会的な問題をテーマにした小説ではありません。

たしかに新聞記者が主人公である以上は記者としてのスクープ合戦などの見どころであり、そうした場面も描かれています。

しかし、本書はそうした記者としての仕事のほかに、会社員としての側面をも描写してあるのです。それは出世競争であり、保身であり、また家庭人としての側面でもあります。

各個人に記者という職業に対する考えがあり、新入社員時代から、中堅、そしてベテランへと成長していく彼らの姿は、社会で活躍している多くの人たちの心をうつのではないでしょうか。


そんな社会人としての記者たちが、それぞれの強烈な個性を発揮しつつ、最終的にそれぞれの信じる「正義」のもとにとある行動に出る姿は喝采を送らずにはいられないのです。


警視庁記者クラブ、司法記者クラブ、調査報道、遊軍、国税庁、そして人事部に分かれた東都新聞同期入社の六人の動向が見事に収斂していく様は見事しか言いようがありませんでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR